人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2020年1月27日

【2019-20 B.LEAGUE NOTEBOOK 13】筆者独断による今週のスターたち

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

★★★:笹山貴哉(名古屋ダイヤモンドドルフィンズ #21)

連敗を8で止めた島根スサノオマジック戦で16点、4アシスト。延長で惜敗したといえ、シーホース三河の初戦は7本の3Pシュートを決めるなど今季ベストとなる23点、9アシストをマークし、司令塔としてもスコアラーとしても奮闘していた。2戦目も延長の大事なところで3Pシュートとアシスト2本を決めるなど、17点、6アシストをマーク。3試合ともEFFが16以上、三河との初戦が今季最高となる31という数字は、★★★に値する。


★★:安藤誓哉(アルバルク東京 #3)

22日のサンロッカーズ渋谷戦、週末の富山グラウジーズ戦の3試合連続で2ケタ得点をマーク。富山との初戦で今季3度目の20点以上(21点)は、FG試投数12本ということでもいかに効率よく得点していたかがわかるもの。3試合の平均が15点、5アシスト、富山との2試合におけるEFFが22と17という数字は、司令塔としていい仕事をしていたことを示すもの。チームの東地区首位浮上に貢献していた。


★:ハビエル・カーター(秋田ノーザンハピネッツ #32)

チームが宇都宮ブレックス相手のホーム初勝利を手にした試合で17点、10リバウンドのダブルダブルを達成。3Qでリードを広げた際に2本の3Pシュートを決めるなど、9本のFG試投数での17点という効率の良さで勝利に貢献。新潟アルビレックスBBとの2戦目で沈黙したといえ、1戦目に5本の3Pを決めての15点をマーク。5本目は新潟の追撃を振り切る意味のあるビッグショットだった。

文:青木 崇

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ