人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年12月16日

【2019-20 B.LEAGUE NOTEBOOK 9】ミニインタビュー:高橋耕陽(滋賀レイクスターズ #24)

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line
【2019-20 B.LEAGUE NOTEBOOK 9】

プロ4年目の今季は、ベンチスコアリングで重要なシックススマンの役割を担っている高橋。10月19日の名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦の16点を最高に、21試合中8試合で2ケタ得点を記録するなど、8点のアベレージを残している。11月17日の琉球ゴールデンキングス戦で4本すべて成功させるなど、3P成功率は自己最多の数字であり、相手にとって厄介なシューターへと成長しつつある。話を聞いた12月15日のサンロッカーズ渋谷戦は、試合終了間際のフリースロー2本での2点に終わったといえ、数字に出ないディンフェスで奮闘することで勝利に貢献した。

Q 今季はシックススマンとして得点面での貢献度を上げていますが、この役割についてどのように感じていますか?
「スタメンで出るのとシックススマンで出るのとあまり変わらないと思っているので、実際コートに出たらやるだけ。コーチに言われたことをコートの中で表現して、それができなければ試合に出られないことになるので、コートに立ったらやることしか考えていないです。流れを変えたり、ディフェンスでどのように貢献するかといったことは、途中から出て変えていかなければならないので少し考えたりしていますけど、そんなに重くは受けていないですし、自分のプレーをするだけと考えています」

Q 自身はチームに何をもたらしたいと思っていますか?
「僕と(佐藤)卓磨が出ている時間帯は走れるので、トランジションのバスケットを常に展開できるようにしたいです。サイズが大きい分ディフェンスもできなくはないと思うので、そこでもっといけたらいいなと思っています」

Q シュート力には自信を持っているのでは?
「1年目、2年目、去年もそうなんですけど…、確率が低かったので3Pに関しては35%、低くても30%以上はほしかったし、コーチから課題としてずっと言われ続けています。今年はいい感じで(成功率36.5%)いけているので、そこはこのままキープできれば…」

【2019-20 B.LEAGUE NOTEBOOK 9】

Q 琉球ゴールデンキングスとの試合(11月17日)で立て続けに決めたように、あのような爆発力をよりコンスタントに出せればいう思いがありますか?
「ありますね。点数取ることだけじゃないとわかっていますけど、チームが点をほしい時に取らなければいけないなと感じています」

Q (大敗した)あの琉球戦からチームの状況がよくなり、勝ち星も増えてきています。手応えを感じていますか?
「天皇杯前の琉球戦で大敗したのですが、天皇杯もまた琉球だということでみんな力が入りましたし、そこで自分の持ち味を全力で出したと思うので、その中でようやくチームが噛み合ったなというか、コーチが求めているバスケットを今できているのかなという実感はあります。雰囲気は悪くないですし、昨日は前半であのような入りをしてしまい、(ホテルに)帰ってからも雰囲気も悪かったんですけど、チーム力を上げるためにもミーティングをやりました。そういった話し合いで外国人選手が気を遣ってくれるというか、日本人はどうなのかといったところもそうなので、僕的にはすごくやりやすいというか、今までやっとことのない外国人ですけど、すごくいいなと思っています」

Q 今の外国籍選手は3人もNBA経験者で、刺激になることや学べるところも多いですか?
「そうですね。練習の時とかも交代して入ったり、いろいろあると思うのですが、“常にお前はで続けろ”みたいに厳しく言ってくる。そういった面では、“もっとうまくなってもらいたいのが理由だ”と言われ、“わかりました”(僕が答える)という感じですね」

Q ショーン・デニスコーチがやりたいバスケットという点で、昨年の今ごろに比べると今年はできているのでは?
「全然違うと思います。去年の後半はアレン(ダーラム)とヘンリー(ウォーカー)で、コーチの求めるバスケットができていましたけど、それをさらに進化というか、もっと思っているものに今年は近づいているのなと思います」

文:青木 崇

青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ