人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年11月5日

【2019-20 B.LEAGUE NOTEBOOK 5】筆者独断による今週のスターたち

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line
大阪エヴェッサ #55

★★★:ジョシュ・ハレルソン(大阪エヴェッサ #55)

低迷中の三遠ネオフェニックス相手とはいえ、2試合連続で30点、10リバウンド以上でのダブルダブルで勝利に原動力になった点で★★★に値する。特に1戦目は4本の3Pを決めるなど。18本中13本成功という高確率でシュートを決めての32点。2戦目も22本中12本と成功率は50%を超え、アシストとスティールが4本ずつとオールラウンドなパフォーマンスで、今季ベストとなるEFF40を記録した。今季は出場した7試合すべてで2ケタを記録するなど、ケンタッキー台時代からの強みだったリバウンドでの貢献度が非常に高い。


サンロッカーズ渋谷 #10

★★:チャールズ・ジャクソン(サンロッカーズ渋谷 #10)

アウェイでのシーホース三河戦、インサイドにおけるフィジカルの強さとエナジー満載のプレーで渋谷の連勝に貢献。1戦目は3Qで11点、5リバウンドを記録し、リードを最大で23点まで広げるきっかけを作った。2戦目も18点中7点を4Qでマークしただけでなく、オフェンシブ・リバウンドも4本を奪い、ハッスルプレーでチームを何度も活気づけた。この2戦で記録した22本のうち、10本がオフェンシブ・リバウンドというのは正にハードワークの賜物。この週末出番がなかったセバスチャン・サイズとともに、渋谷の快進撃を支えていることは間違いない。


新潟アルビレックスBB #30

★:今村佳太(新潟アルビレックスBB #30)

開幕5連敗スタートとなった新潟だが、ここ7試合は4勝3敗と勝ち越しと調子を上げつつある。その理由の一つが今村の活躍だ。名古屋ダイヤモンドドルフィンズ戦では、初戦で15点、9リバウンド。2戦目は4Qの10分間で9点を奪ってチームを牽引するなど、14点、5リバウンドを記録した。10月23日の横浜ビー・コルセアーズ戦で今季ベストの26点をマークして以来、5試合連続の2ケタ得点。ラモント・ハミルトン、ニック・パーキンズに続く得点源として一貫したパフォーマンスを見せられるかは、新潟が今後浮上するうえで欠かせない要素になるだろう。


青木 崇

青木 崇

NBA専門誌「HOOP」の編集者からフリーのバスケットボールライターとなる。NBAファイナル、NCAAファイナル4、世界選手権などビッグイベントの取材や執筆活動を行なっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ