人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年10月31日

【2019-20 B.LEAGUE NOTEBOOK 4】渋谷の好スタートは、選手層の厚いガード陣とエナジー満載の外国籍選手の存在にあり

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line

10月27日に8勝1敗と好調だった川崎ブレイブサンダース戦を91対71で快勝したサンロッカーズ渋谷は、連敗を2でストップして6勝目をゲット。千葉ジェッツ相手に開幕2連勝した時と同様に、川崎戦もハードなディフェンスとエナジーを圧倒していた。

昨季との大きな違いとして挙げられるのは攻防両面で質が上がり、選手層の厚さを増したガード陣だ。新加入の石井講祐と田渡修人はシュート力、関野剛平はディフェンス、渡辺竜之佑はポイントガードのサイズアップに成功。スコアラーとしてもプレーメーカーとしても活躍できるベンドラメ礼生、伊佐勉コーチのスタイルを熟知する山内盛久を加えた6人でのローテーションは、今季の渋谷の強みになっている。

伊佐コーチは今季、マンツーマンディフェンスをハードに行いながら、タイムシェアで選手を起用することを明言。川崎との2戦目を検証してみると、4Qに田渡が7分10秒間出ていたのを除くと、ガード陣が5分以上継続してプレーすることはほどんどない。石井が6分57秒間交代なしということもあったが、途中に1Q終了から2Q開始まで2分間の休養時間があるため、実質は5分以内と言っていい。ちなみに、出場時間はベンドラメが21分56秒、石井が21分36秒、田渡が19分9秒、山内が17分54秒、関野が15分53秒、渡辺が13分23秒だった。

伊佐コーチが早めに選手交代を行うのは、ボール保持者に厳しいプレッシャーをかけるディフェンスの継続させるため。「前からどんどん当たっているので、疲れたら交代することをずっとやっています。元々タイムシェアをしたいコーチですので、今いるタレントをより良く、どうやって見せられるのかなという意味では適材適所がありますので、それをどんどん使っていきたいと思います」と語る。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ