人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年4月16日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 24】2度あることは3度ある。滋賀がB1残留を決めた要因はスモールボール

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line
【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 24】ヘンリー・ウォーカー(滋賀レイクスターズ)

滋賀レイクスターズは3年連続でB2降格の危機に直面しながらも、シーズン終盤のチャージという残留力を発揮し、来季もB1で戦う権利をつかんだ。一昨季がラスト10試合で9勝1敗、昨季がラスト15試合で10勝5敗という成績を残したが、今季は3月2日以降の18試合で10勝8敗、直近の5試合で4勝1敗。その決め手となったのは、ワールドカップ予選による中断後に新戦力となったアレン・ダーラムとヘンリー・ウォーカーの存在が大きい。

滋賀はシーズン途中でディオール・フィッシャーとの契約を解除し、2人の加入後インサイドの核として奮闘してきたガニ・ラワルの出場機会も激減している。3月2日の京都ハンナリーズ戦からショーン・デニスコーチがやってきたことは、身長198cmあってもフィジカルの強さとスピードでサイズのハンディをカバーできる2人を同時に起用するレイクス版スモールボール。シーズンも3分の2を終えたところで、これまでの戦い方を変えるのはなかなかできないもの。しかし、デニスコーチの思い切った決断は吉と出た。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧