人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年4月2日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 22】 層の厚い千葉でベンチ陣の一角として存在感を示し始めた田口

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line
【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 22】 田口成浩(千葉ジェッツ #5)

田口成浩は今季、覚悟を持って秋田ノーザンハピネッツから千葉ジェッツに移籍してきた。B1制覇を目指すチームは選手層が厚く、出場時間を得るための競争も激しい。大野篤史コーチはこう語る。

「彼自身苦しんでいるシーズンだと思うんですね、僕がディフェンスをしないと使わないので…。彼がマッチアップしなければいけないのは相手のエースだったり、日本人のエースだったり、そういうタイプのプレーヤーばかり」

3月30日の栃木ブレックス戦、千葉は11点リードで迎えた3Q序盤に遠藤祐亮が3本の3Pとドライブで得点する事態に直面。大野コーチはタイムアウトを取ると、石井講祐に代えて田口を起用する決断を下す。「自分がなんとかしてリズムを変えられれば」と語ったように、田口はその後、遠藤の得点を5に限定させることに貢献。オフェンスでもフリースロー3本、トランジションからオープンの3Pシュートを決め、栃木の追撃を断ち切るうえでいい仕事をしていたことは、大野コーチが「自分がシュートを決めていればいいというマインドを取り除いて、ディフェンスをやるというところをしっかり表現してくれるようになってきているで、彼のパフォーマンスには満足しています」と語ったことでも明らかだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ