人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2019年3月18日

【2018-19 B.LEAGUE NOTEBOOK 20】新潟との敵地2連戦を1勝1敗とし、中地区制覇への希望を残した川崎

B.LEAGUEコラム by 青木 崇
  • Line
長谷川 技

新潟アルビレックスBBとの2連戦に臨んだ川崎は、3月16日の初戦を74対85で落とした。翌日の2戦目も負けてしまった場合、ゲーム差は5まで開く。残る直接対決3試合をすべて勝ったとしても追いつけない状況に陥ってしまうことからも、17日の一戦はシーズンの命運がかかったと言っていいビッグゲームだった。

北卓也コーチの「昨日の反省として、出だしでリードされて追い上げる展開になったせいか、慌ててプレーをしていることが映像で分かったので“正確にプレーできていなかった”というのを伝えて、ボールをうまく回してプレーしようと話しました」というコメントをしっかり理解して試合に臨めたことは、1Qだけで8本のアシストを記録していたことでも明らか。24対12と序盤で主導権を握った川崎は、ニック・ファジーカスが32点、19リバウンド、辻直人も5本の3Pを含む21点を記録するなど、日本代表の2人がチームを牽引。81対72での勝利は、中地区を制覇してのチャンピオンシップ進出に望みをつないだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ