人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年4月6日

【Bリーグ 2017-18第27節 千葉 vs 三河プレビュー】タイトル獲得に向けて、避けては通れないチーム同士の一戦

B.LEAGUEコラム by 片岡秀一
  • Line

レギュラーシーズン終盤戦の今節は、千葉ジェッツふなばしがシーホース三河を迎え撃つ、 リーグ屈指の好カードだ。地区首位同士の対戦でもあり、全日本総合選手権決勝戦の再来でもある。

千葉は、ここまで37勝。シーズン序盤から首位を走るA東京に追走しながら前半戦を戦ってきた。2017年末には直接対決での連敗もあったが、コツコツと勝ち星を重ね、ついに東地区首位に躍り出た。対する三河。ここまで41勝で、2位以下に17差。中地区優勝も早々に決めている。

千葉は、栃木との初戦での逆転負けの教訓から修正。三遠ネオフェニックス、川崎ブレイブサンダース、レバンガ北海道を5連勝で戦いきった。特に、今季の台風の目の1つでもある北海道戦で2連勝、連続100点ゲームは圧巻。ここ5試合では平均98得点と驚異的な数字を挙げている。B.LEAGUEの2代目王者へ向けて、本格的にギアを上げた印象を受ける。

怪我人を抱えながらも、都度、代わりの選手が活躍をしているのが特徴だ。天皇杯では、#2富樫勇樹の負傷期間で#11西村文男がチームを牽引。現在、#11西村が怪我を抱えるも、#2富樫が復活。#1阿部友和を加えたトリオは安定感と推進力があり、それぞれが役割を果たしている。#34小野龍猛、#21ギャビン・エドワーズ、#10アキ・チェンバースアキチェンバース両選手の走力もチームの強力な武器になっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ