人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

バスケット ボール コラム 2018年3月30日

【Bリーグ 2017-18第26節 京都 vs 琉球プレビュー】京都を率いて7シーズン目の浜口HC、琉球の佐々HC 両コーチ同士の駆け引きや判断に注目したい

B.LEAGUEコラム by 片岡秀一
  • Line

平日開催を挟んだ中で迎える今週末は、既にCS出場を決めている西地区の1位、2位チームが対戦。前節、琉球ゴールデンキングスは高さのある大阪エヴェッサに、京都ハンナリーズは、西宮ストークスに共に勝利した。

京都は、オールラウンダー#32ジュリアン・マブンガを欠く中でも、選手の特徴が噛み合って見事なオフェンスを見せた。208㎝/138kgの#34ジョシュア・スミスに得点チャンスを演出すると共に、西宮ディフェンスが#34スミスに集まった状況を各選手が即座に判断。的確なパス回しでフリーのアウトサイドシュートのシチュエーションを数多く作り出した。#14坂東拓と#33内海慎吾が3本、#3伊藤達哉、#7晴山ケビン、#12岡田優介、#43永吉佑也が2本の3Pを成功、52%の成功率でトータル13本の3Pは相手チームにとって脅威。

ここまで2勝2敗、今節が今季ラストの直接対決となる両チーム、現在、琉球とのゲーム差は6。逆転での地区優勝を勝ち取るためには、ホームで連勝を成し遂げる圧倒的なパフォーマンスが必要。目下、5連勝中であるが、今季の連勝記録でもある7まで伸ばせれば最高のシナリオとなるだろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
バスケット ボールを応援しよう!

バスケット ボールの放送・配信ページへ