人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2022年6月14日

【ハイライト動画あり】ダルビッシュ有、6勝目。古巣のシカゴで躍動

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

古巣で6勝目を挙げたダルビッシュ

パドレスのダルビッシュ有が古巣の本拠地、リグレーフィールドで躍動した。現地6月13日(日本時間14日)の敵地カブス戦で、パドレスへ移籍後、初めてシカゴで先発登板した右腕は、8回5安打1失点7奪三振の快投でチームを勝利に導き、自身今季6勝目を挙げたのである。

J SPORTS 放送情報

『MLB.com』でパドレスを担当するAJ・カッサベル記者は、荒天により遅れて始まったため、深夜に決着した試合後、ダルビッシュのシカゴでの快投を伝える記事を投稿し、その冒頭で右腕の球種の豊富さや、それを投げ分ける引き出しの多さについて触れた。

そして、「最高に成熟されたバージョンのユウ・ダルビッシュがあるとすれば、今回がそれだった」と表現した上で、「ダルビッシュはリグレーフィールドで、パドレスがカブスに4-1で勝利した月曜の試合で、(またしても)素晴らしい輝きを見せた」と伝えた。

さらに記事では、この日のダルビッシュの投球内容について、「2回に許した本塁打の際に投じたスライダーが唯一のミス」とした上で、「そこから、特にダルビッシュは古巣に対してアンタッチャブルになった」と報じている。

一方、現地局『NBC』のシカゴローカルは、電子版に「ダルビッシュがリグレー再訪でカブスに自分が主役であることを見せつける」と題した記事を掲載。その中で、「この月曜は、2019年後半からカブスでおなじみの光景となっていた、典型的なダルビッシュだった」と古巣対戦での右腕の投球について表現。

「実際のところ、ダルビッシュが8回を投げ切ったのは、彼がカブスのために力強い8回1/3を投げつつ、リグレーでカージナルスに敗れた2019年9月22日以来のことだった」とした上で、「彼特有の多彩な球種を織り交ぜた投球で、投じた107球のうち17の空振りを奪った」と伝えた。

さらに、ダルビッシュが8回裏に二死から連続単打で1・3塁のピンチを招くも、最後はイアン・ハップを三振に打ち取った場面について触れた上で、打席でダルビッシュと対戦したハップによる「あれが彼なんだ。彼はこの試合で本当に素晴らしい投手だったし、球種を混ぜること、そして配球を混ぜることについて見事な仕事をして、我々のバランスを崩した」とのコメントを掲載。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ