人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年6月21日

前田健太、球速が戻り復帰後初勝利

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

ツインズの前田健太は現地6月20日(日本時間21日)、ケガから復帰後の初勝利を期して、敵地グローブライフフィールドでのレンジャーズ戦に先発登板。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

前田健太

5回1/3を投げ、5安打2失点4奪三振1四球と好投し、今季3勝目を挙げた。試合はブルペンが快投で先発右腕をバックアップしたツインズが、4-2で接戦を制した。

現地局『CBSスポーツ』は、同日付で電子版に掲載した速報記事のなかで、この日の前田について、「マエダは5回まで楽々と投げると、6回一死からアドリス・ガルシアとジョーイ・ギャロに連続ホームランを喫した」とした。

その上で、「内転筋と腕の張りから復帰後2度目の先発登板で84球(ストライク54球)を投げた右腕は、これまで52イニング投げた今季の成績を防御率4.85、1.44WHIP、50奪三振15四球とし、次回は週末のクリーブランド戦で先発登板する予定となっている」と伝えた。

一方、『MLB.com』でツインンズを担当するドヒョン・パク記者は、同日付で投稿した試合を振り返る記事の中で、前田を含め故障者リストから復帰した数人の選手が活躍し始めていることから、「最近になってルイス・アラエス、マックス・ケプラー、そしてケンタ・マエダらが故障者リストから復帰したことで、ツインにとってようやく物事がはまり始めてきたようだ」とした。

そして、これについてのロッコ・バルデリ監督による「まだまだこれからだが、選手たちが復帰して来ると、良い雰囲気を感じる。彼らがもたらしてくれる力を感じるんだ」。

「そして、彼は試合に出場して、結果を出してくれる。そうした楽しみにしてきたことが起こっているのを目の当たりにすると、今後は良いことが起こるのではないか、良いことが起こり始めているのではないかと、思い始めるようになるんだ」とのコメントを伝えた。

また、記事では前田の球速が戻って来ていることも伝えており、前田による「腕の感じは素晴らしい」とのコメントを引用しつつ、「故障者リスト入りする直前の先発で平均89.6マイル(約144.2キロ)だった速球の球速は、月曜の先発で90.4マイル(約145.5キロ)に上昇し、今回の先発では91.0マイル(146.5キロ)まで上がった」としている。

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ