人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年6月15日

大谷翔平、オールスター投票でDH部門トップ。二刀流で出場するための3つの問題

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

MLBは現地6月14日(日本時間15日)、同7月13日にデンバーのクアーズフィールドにて開催される、2021年オールスターゲームへ向けたファン投票第1フェーズの中間報告を発表。これによると、エンジェルスの大谷翔平はアメリカン・リーグ指名打者部門で33%の票を獲得し、目下首位に立っている。

J SPORTS 放送情報

  • MLB中継2021

    日本人選手先発試合を中心に生中継!

現在、大谷は2位以下(2位は得票率18%のJ.D.マルティネス、3位は同9%のヨルダン・アルバレス)に大差をつけているだけに、このまま投票の第2フェーズへ進むのは確実視されており、打者として現在のペースで活躍し続ければ、さらに第2フェーズでも首位選出される可能性は非常に高いと言えそうだ。

オールスター投票ア・リーグDH部門のトップ

なお、地元紙『オレンジカウンティレジスター』は同日付で電子版に大谷が球宴投票でリードしていることを伝える記事を掲載し、その副題を「理論的にオオタニは球宴にDH、そして投手として出場できるが、それを実現させるためには、幾つかの問題に取り組まなければならない」として、二刀流での球宴出場の可能性を指摘した。

記事ではまず、投票でトップに立っている二刀流スターについて、「メジャーでオールスター出場経験のないオオタニは、指名打者候補の中の得票率で首位に立っているが、球宴では投手としても出場できる可能性がある」とした。

その上で、「もちろんオオタニが打って投げられたら、野球界にとって珠玉のエキシビションとも言える最高のショーとなるが、それが実現するには幾つか越えなければならないハードルがある」とし、次の3点を指摘。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ