人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2021年3月13日

前田健太とダルビッシュ有、最優秀防御率投手の候補に選ばれる

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

プロスポーツのシーズン開幕を前に、スポーツメディアがその年の優勝予想や個人タイトルの予想を大々的に、あるいはひっそりと発表するのは世の常である。

特に野球の本場アメリカでは、「Bold Prediction」(大胆予想)なる記事が紙面、というよりもネット上を賑わすのが、春先の好例行事となっている。

もちろん、『MLB.com』も例外ではなく、スプリングトレーニング開始前から、3月も中旬になろうかという現在にかけて、多くの予想記事を掲載しており、その一環として現地12日付で、今季の最優秀防御率投手の予想記事を掲載した。

これは、各リーグから5人ずつ、計10人を候補として挙げる形式で書かれており、錚々たる面々が並んだこのリストに中には、2人の日本人投手の名がある。

ツインズ2年目の前田健太

1人目は、昨季ツインズに移籍して、いきなりエース級の働きを見せた前田健太で、なんと記事ではシェーン・ビーバーやゲリット・コールといった凄腕を抑え、アメリカン・リーグの筆頭候補にピックアップ。

記事では先ず、「マエダは昨季、防御率2.70、0.75 WHIPをマークし、サイヤング賞投票で2位になりながらも、まだ過小評価されている」とした。

その上で、「マエダは第一級の球速を持っているわけではないが、変化球により成功を収めており、フォーシーム(18.8%)ではなく、効果的なスライダー(38.6%)と、沈み込むチェンジアップ(29.4%)で弱いコンタクトを誘発している」とした。

J SPORTS 放送情報

そして、「彼の24.7%という被ハードヒット率と、時速85.3マイル(137キロ)という打者の平均打球初速は、昨季MLBで上位7%に入っている」と、データに裏打ちされた前田の強みを選出の理由に挙げた。

さらに、今季新加入のアンドレルトン・シモンズが遊撃を守り、ホルヘ・ポランコを二塁にコンバートすることで、メジャー2位を誇るツインズの堅守がこれまで以上にレベルアップする点を指摘。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ