人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年10月15日

ドジャースが初回に11点の猛攻で1勝2敗、第4戦はカーショウが先発。ナ・リーグチャンピオンシップ

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

猛攻で第3戦を制したドジャース

アーリントンのグローブライフ・フィールドで開催されているナショナル・リーグ優勝決定シリーズは、これまでブレーブスに2連敗を喫していたドジャースが第3戦を15-3と、鬱憤を晴らす形で大勝して反撃の狼煙を上げた。

ドジャースは初回に11得点を挙げる猛攻で、いきなり勝負の行方を決定付けたのだが、これはポストシーズンにおける1イニングの得点として、新記録となった。

メジャーリーグ ナ・リーグチャンピオンシップ

『MLB.com』のまとめたところによると、この試合が始まるまで、ポストシーズンで1イニングに2桁得点を挙げたのは、2019年ナ・リーグ地区シリーズ第5戦の初回に10点を挙げたカージナルス、2002年ア・リーグ優勝決定シリーズ第5戦の7回に10点を挙げたエンジェルス。

さらに遡れば、1968年ワールドシリーズ第6戦の3回に10点を挙げたタイガース、そして1929年ワールドシリーズ第4戦の7回に10点を挙げたアスレチックスの4チームのみだった。

だが、ドジャースは負ければ崖っぷちという試合で、これらの記録を更新する快挙を達成したのである。

なお、昨年のポストシーズンでカージナルスが1イニングに10点を挙げた際の相手は、今回同様にブレーブスであり、ブレーブスは史上初めて2年連続でポストシーズンに1イニング2桁失点をしたチームとして、歴史に不名誉な記録を残してしまったことになる。

とは言え、シリーズ全体では、2勝1敗としているブレーブスが優位に立っていることに変わりはない。

『MLB.com』が現地14日付で掲載した記事によると、これまでベスト・オブ・セブン(4戦先勝)のシリーズで、0勝2敗で第3戦を勝利したチームがシリーズを制したのは25%の確率に留まっており(しかも直近の17例は何れも敗退)、ドジャースにとっては、必勝のゲームが続くことになる。

そんな中、ドジャースはこの第4戦で、正に満を持すかたちで、先発ローテーションの大黒柱であるクレイトン・カーショーに先発マウンドを託すことになる。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ