人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2020年9月30日

9月の快進撃を支えた秋山翔吾が10月の舞台へ。ワイルドカード展望:ブレーブスvs.レッズ

MLBコラム by J SPORTS 編集部
  • Line

9月は好調だった秋山翔吾

新型コロナウイルス感染拡大で開幕が遅れた2020年のMLBは、60試合に短縮されたレギュラーシーズンが現地28日に終幕を迎え、ポストシーズン進出の16チームが出揃った。

今回は日本時間の9月30日(水)深夜1:00に開幕するワイルドカードシリーズ、ブレーブスvs.レッズの展望をお届けする。

プレーオフ常連チームのブレーブスは、35勝25敗でナショナル・リーグ東地区を制覇し、第2シードでポストシーズンへ進出したことで、第7シードのレッズと対戦するこのワイルドカードシリーズでは、本拠地サントラスト・パークで戦う地の利を得た。

ブレーブスが今季レギュラーシーズンにおけるホームゲームの勝率をナ・リーグ3位とし、レッズのビジターゲームの勝率が5割を切っていることから、この地の利は、勝敗の行方を左右するファクターとして、少なからず意味を持つことになりそうだ。

メジャーリーグ ポストシーズン ワイルドカードシリーズ

この両チームがワイルドカードシリーズで対戦することを受け、『MLB.com』は現地28日付で掲載したプレビュー記事の冒頭で、「ブレーブスはメジャーリーグで、ドジャースに次ぐ2番目に多くの得点を挙げた攻撃力を擁し、一方でレッズの先発ローテーションはナ・リーグ3位の防御率(3.50)を誇っている」としている。

この対戦カードは正に、“打のブレーブスvs.投のレッズ”という図式になっている。ブレーブスは得点以外でも、OPS(.832)がメジャー首位だったほか、打率(.268)と本塁打(103)もメジャー2位と、リーグ屈指の攻撃力を有している。

対するレッズの先発ローテーションには、今季ナ・リーグのサイヤング賞最右翼と目されるエースのトレバー・バウワー(防御率1.73)に加え、ルイス・カスティーヨとソニー・グレイといった安定感のあるベテランが名を連ねており、強力打線を投手力でねじ伏せることのできる陣容が整っている。

そんな好勝負の予感が漂うシリーズで、目下好調の秋山翔吾がどのような活躍を見せるかは、非常に興味深いところだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ