人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年11月12日

侍ジャパン、変則タイプの投手に苦戦するもスーパーラウンド初戦を勝利。WBSCプレミア12

野球好きコラム by 大島 和人
  • Line

WBSCプレミア12は11月11日(月)からスーパーラウンドに入っている。会場は日本に移り、東京ドームとZOZOマリンスタジアムの2球場で試合は行われる。

スーパーラウンド出場は東京オリンピックと同じ6チーム。グループAからメキシコとアメリカ、グループBから侍ジャパンとチャイニーズタイペイ、グループCから韓国とオーストラリアが勝ち上がっている。

侍ジャパンはチャイニーズタイペイとの1勝を持ち越して、残り4試合を戦う。日本以外の5チームにとっては来年の五輪出場権がかかっている。11日のオーストラリア戦はZOZOマリンスタジアムで行われた。

J SPORTS 番組情報

◆侍ジャパンスタメン 1番(中)丸 佳浩(巨人)
2番(二)菊池涼介(広島)
3番(左)近藤健介(日本ハム)
4番(右)鈴木誠也(広島)
5番(指)吉田正尚(オリックス)
6番(一)浅村栄斗(楽天)
7番(三)松田宣浩(ソフトバンク)
8番(遊)源田壮亮(西武)
9番(捕)小林誠司(巨人)
  (投)山口 俊(巨人)

侍ジャパンの先発・山口俊は持ち味のフォークを生かして2回まで4奪三振と好投を見せる。しかし、3回、4回は本人が悔いるように「追い込んだ後」からの詰めが甘くなり、失点を喫してしまった。

3回表に1番ティモシー・ケネリーのセンター前安打で先制を許し、4回にも二死からの連打で2点目を奪われる。

オーストラリアの先発ドゥーシャン・ルジッチは2メートル近い身長を持ち、「横の角度」が強烈なサイドハンド。日本では見ない変則タイプで、明らかに侍ジャパン打線は打ちあぐねていた。

J SPORTS オンデマンド番組

そんな悪い流れを変えたのが日本の4番・鈴木誠也。4回裏二死無走者からの初球をレフトスタンドにライナーで突き刺し、侍ジャパンは1-2と追い上げる。鈴木誠也はこれで3試合連続の本塁打だ。

ただし、オーストラリアの投手陣は曲者揃いだった。先発ルジッチは37歳で、5回から登板した2番手ピーター・モイランもやはりサイドハンドで40歳。経験豊富な変則タイプが落ち着いた投球を見せる。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ