人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年7月25日

今年の野球殿堂入り6人 知っておきたいFACT

MLB nation by 豊浦 彰太郎
  • Line
野球殿堂入り記念式典

現地時間7月21日、ニューヨーク州クーパーズタウンで2019年の野球殿堂入り記念式典が開催された。今年も前年に並ぶ6名ものかつての偉大なプレーヤー達が選出されたため、式典が開催されたクラーク・スポーツ・センターには史上2番目に多い約5.5万人のファンが詰めかけた。

ここでは、殿堂入り6人のキャリアと選出のポイントを解説したい。

まずは、野球殿堂入りのシステムを紹介しておきたい。野球殿堂入りには2つルートがある。ひとつは「王道」とも言える元選手のみを対象とする全米野球記者協会(BBWAA)の記者投票によるのもので、もうひとつは、時代委員会(Eras Committees)による選出だ。「敗者復活戦」の側面もあるこちらは、BBWAAでの資格を失った選手に加え、監督、審判員、経営者などの選手以外もカバーしている。ともに、得票率75%以上で殿堂入りとなる。

今回、BBWAAから以下の4名が選出された。

J SPORTS放送情報

■マリアーノ・リベラ
歴代最多の652セーブを記録した。ポストシーズンでの圧倒的なパフォーマンス(141投球回で防御率0.70)もあり、一発選出は間違いないと見られていたが、史上初の満票を得た。

それまでの史上最多得票率は2016年のケン・グリフィー・ジュニアだが、彼の場合も99.32%で3名が彼に投票しなかった。歴代2位の98.84%のトム・シーバーの場合、5票を逃している。常にへそ曲がりはいるものなのだ。リベラの場合も、投票結果発表1ヶ月前の昨年12月下旬にマサチューセッツ州ローカル紙記者が「救援投手は殿堂入りに値しない」との考え方から白票を投じると発表し物議を醸したが、結局彼も翻意した。「悪者」になるだけの覚悟もなかったということだろう。そして、リベラの満票選出は来年殿堂入り対象となるデレク・ジーターの満票への道筋をつけたとも言える。

■エドガー・マルティネス
ミスターDH。被投票資格を保持できる最終の10回目での選出だった。彼の選出は、近年のセイバーメトリクスの急速な普及の賜物だろう。2010年の初回から20〜30%台で足踏みを続けていたが、7年目に43.4%に達してからは、着実に票を伸ばし、今回85.4%を得た。守備の貢献がないDHの選出は昔から議論の的だった。しかし、彼の場合、通算のOPS+(OPSがリーグ平均に比べてどれだけ傑出しているかを示す、これにより時代を超えた比較が可能になった)が147で、WARが68.4など偏見を打ち破るに十分なセイバー的実績があった。数字の裏付けが「DHは殿堂入りに値するか?」といいイデオロギー的議論を駆逐したのだ。

プエルトリコ系の彼は、式典でのスピーチの冒頭部分をスペイン語で行った。昨年のブラディミール・ゲレーロ(ドミニカ出身)に次ぐ、史上2人目の英語以外でのスピーチだった。これで、2025年と予想されるイチローのケースも日本語で行われる可能性が高まった、とも言えそうだ。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
野球を応援しよう!

野球の放送・配信ページへ