人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年4月15日

イチロー引退後のマリナーズの成否の鍵を握るのは、日本開幕戦の相手アスレチックス?

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

How Long(どれぐらい長く)?

それが最大にして唯一の疑問だ。

イチローが引退したものの、菊池雄星投手が先発ローテの一角を占めるマリナーズの快進撃は、いつまで続くのか?

マリナーズは15試合経過時点で、13勝2敗(勝率.867)、メジャー最高成績である。

オフの間、ロビンソン・カノ内野手(現メッツ)やネルソン・クルーズ(現ツインズ)の両主砲、左腕先発で昨季までの実質上のエースだったジェームズ・パクストン投手を放出したチームは、いわゆる「再建モード」に入ったはずだった。

ところが現在、メジャー最高のチームOPS(出塁率+長打率).932を筆頭に各打撃部門の数字は昨年以上で、同13位(ア・リーグ8位)のチーム防御率3.87で例年通り、苦戦している投手陣を引っ張っている。

今のところ誰一人として、2019年のマリナーズが2001年のようにメジャーリーグのタイ記録であるシーズン116勝(もう1チームは1906年のカブス)を挙げるとは思っていないだろうが、チーム関係者も大いに勇気づけられるだろう。

マリナーズが最後にプレーオフに進出したのは2001年のことだった。

同年、日本プロ野球界からのスーパールーキー、イチローを擁して機動力野球を展開したマリナーズ(守護神に佐々木主浩、セットアッパーに長谷川滋利両投手がいた)は、月間別では以下のような圧倒的な勝敗でア・リーグ西地区を制している。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧