人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年6月25日

ホームラン・バッターとは。 新人最多記録を狙うアロンゾ

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

ホームラン・バッターが打席に立つと、注目度がぐっと高まる。

ファンだけではなく、相手チームの選手やメディアだって同じだ。

当たり前かも知れないが、日本プロ野球のように親会社ではなく、チーム名からして地域社会との繋がりが強いことが分かるメジャーリーグでは、ビジターチームの打者が登場したところで、それほど極端に注目度が上がることはない。

彼らはあくまでも「敵の一人」であり、「ほら、あいつだぞ」と誰かに促されて注目することなど、そうそうないことだ。

だが、ホームラン・バッターは違う。

6月22日の午後、シカゴ・カブスの本拠地リグリーフィールドもそんな感じだった。

記者席で、誰かがこう言うのが聞こえた。

放送予定

”Here comes Alonso(ほら、アロンゾだよ).”

ニューヨーク・メッツのスーパー・ルーキー、ピート・アロンゾのことだ。

マウンド上のホゼ・キンタナは、アロンゾに対し「おい、新人。俺のカーブ打てるのか?」とばかりにカーブを連投し、見逃しのストライク、ファールで簡単に2ストライク・ナッシングと追い込んだ。

ベテラン投手に新人が軽くあしらわれているように見えた。

だが間もなく、風向きが変わる。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧