人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年5月16日

エンゼルスは、大谷翔平と共に上昇機運に乗って、どこに向かう?

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

大谷翔平が、帰ってきたー。

日本だけではなく、アメリカの野球界にとっても良いことだ。

日本人びいき? いやいや、そんなことはない。

それは5月7日、大谷が敵地デトロイトでのタイガース戦で復帰した直後の英語のツイッターを見れば一目瞭然だろう。

「大谷に次の打席が回る三回か四回まで早送りできないかな?」とツイットする人もいれば、エンゼルスのユニフォームを着た人がテレビの前でハッピーに踊る映像をアップデー卜して、「大谷がエンゼルスのラインアップに戻る!」とツイートする人もいる。

もちろん、誹謗中傷が溢れているSNS上だ。

「大谷。三振。今すぐ戦力外にしろ」などと、たった1打席の結果だけで、とても不機嫌に書き立てる輩も出てくる。

今さらヤンキースのミゲール・アンドュハーが昨季、大谷に新人王を奪われたと糾弾し、それが無意味であることに途中で気づいて「エンゼルスは底辺のチーム」と話題をすり替えるヤンキース・ファンなども出現する。

それもこれも、「大谷祭り」の内である。

群がる日本人メディアの姿をこっそり撮影して自身のツイッターに載せる記者がいるということは、彼らも結局は、この喧騒を楽しんでいるわけだ。著作権の厳しいメジャーリーグで「あくまで個人のアカウントだから」と弁解しつつも、仕事の一部になっている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧