人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年5月31日

二十代の若手が争うナ・リーグの打撃タイトル

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

27歳と23歳の対決である。

1991年生まれと1995年生まれ。日本でなら平成3年と平成9年生まれである。

27歳のクリスチャン・イエリッチ外野手(ブルワーズ)と23歳のコディー・ベリンジャー一塁手/外野手(ドジャース)がナショナル・リーグの主要打撃タイトルを争っている。

現地5月27日時点でイエリッチが21本塁打、ベリンジャーが打率.383と49打点で主要三部門のトップを独占中だ。

カリフォルニア州出身のイエリッチは1991年12月5日生まれだ。

2010年のドラフト1巡目(全体23位)指名の高卒新人としてマイアミ・マーリンズに入団し、2013年にメジャー・デビュー(イエリッチもベリンジャーも21歳でデビューしている)。その翌年にゴールドグラブ賞を獲得したのだが、弱小球団でプレーするがゆえに全米レベルでは「知る人ぞ知る」という存在だった。

2017年のワールド・ベースボール・クラシック(WBC)では初優勝したアメリカ代表の主軸打者だったが、同大会のアメリカでの注目度が低いこともあって「スター」と呼ばれるような存在ではなかった。

むしろ「(マーリンズ時代の)イチローを敬愛する若きチームメイト」として「日本のメジャー・ファンの認知度のほうが上だった」と言ってもいいぐらいで、その後は度重なる故障のためにフルシーズンを戦えなかったこともあり、「誰もが認める実力者」でありながら「潜在能力を眠らせている」逸材のままだった。

そんな才能が開花…というより、ようやく全米レベルで正当に評価されるようになったのが、ブルワーズに移籍した昨年のことだ。

史上5人目の同一シーズン2度のサイクル安打を達成するなどして、あわや「三冠王」の打率.326(1位)、36本塁打(3位タイ)、110打点(2位タイ)でチームのナ・リーグ中地区優勝に貢献し、同リーグ最優秀選手賞に輝いた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧