人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年6月16日

日本に「田澤ルール」があって、アメリカに「スチュワート・ルール」がない理由

Do ya love Baseball? by ナガオ勝司
  • Line

結局のところ、世界中から人が集まってくる国と、そうじゃない国の考え方の違いなのかも知れないー。

野球に限った話じゃない。教育機関や研究機関など、世界中から優秀な人材をかき集めようとする国と、そうすることに積極的ではない国の違いと言っても良いかも知れない。

もちろん、その国に住んでいる人々や組織のすべてが、同じ考えだという意味ではないけれど。

福岡ソフトバンク・ホークスに、カーター・スチュワート投手(19)が入団した。

メジャーリーグのドラフトでも上位指名が確実と見られていた米アマチュア球界の逸材が、日本のプロ野球に入団した。

それでメジャーリーグが「日本にアマチュアの逸材を持っていかれた!」というような騒ぎになるのかと思いきや、(私の知る限り)そういうことは起きなかった。

米メディアの報道によると、スチュワートは昨年のメジャーリーグ・ドラフトでアトランタ・ブレーブスから1巡目(全体8位)指名を受けたが、身体検査で手首の状態に不安があることが判明。契約合意に至らなかったことが、今回のソフトバンク入団につながったという。

スチュワートの契約は6年総額620万ドル(約6億8200万円)が保証されているそうで、出来高を入れると1200万ドル(約13億2000万円)にも達する。

メジャーリーグの新人としても、破格の好条件だったので、「これをきっかけにアメリカから優秀なマチュア選手が引き抜かれてしまう!」という騒ぎになるのかなと思ったが、やはり、そういうことにもならなかった。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧