人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

野球 コラム 2019年2月7日

【オリックス好き】新加入した成瀬善久、改めて持ち味と課題について

野球好きコラム by 藤原 彬
  • Line

2月4日、バファローズはスワローズから戦力外となっていた成瀬善久の獲得を発表した。背番号は46と発表されている。

同日の春季キャンプ中に行われたシート打撃が入団テストとなり、「どんな球種でも勝負できることをアピールしたかった」と、成瀬は変化球を交えながら、打者6人に25球を投じた。

その投球を見届けた野球解説者の薮田安彦氏は、少ない球数ながらも「ファウルがとれている」ことを評価。西村徳文監督も「あの時ほどではない」と力の衰えを認めながら「コントロールの良さ」に太鼓判を押している。

「あの時」の成瀬とは、先発投手陣の大黒柱としてマリーンズを支え、西村監督が指揮官に就任した2010年にシーズンだけで203.2回(28先発)、クライマックスシリーズは23回(3先発)、日本シリーズでは11回(2先発)を投げるなど、大車輪の働きで日本一の立役者となった。

さかのぼって、16勝1敗をマークし、防御率1.81でタイトルに輝いた2007年からは、6年連続で150投球回をクリアしている。

スワローズに移籍した2015年以降の4年間は48登板のみと、当時のタフネスにも陰りがみられるが、昨季は一軍で戦力になれた左投げ投手が、先発のアルバースと田嶋大樹のみだったバファローズの事情とも合致した。

入団テストでの最速は135kmで球威もピーク時ほどではないが、本人は「140kmも出ない方がいい」と語っている。

NPBの速球の平均球速は140kmをやや上回る程度だから、「平均値からのかい離」という点では確かに130km台前半の方が効果的なのかもしれない。

ただし、その“遅いボール”はスピンが効いてキレが抜群な上、打者にとってリリースポイントが見えづらい投球フォームから繰り出される。

変化球はスライダー、チェンジアップが主で、時折カーブを投げるだけの計3種類と、プロの先発投手としては少ない。

速球のキレに影響しそうだからシュート系のボールを投げないと全盛時に聞いた覚えがあるが、それも持ち球への自信の裏返しだっただろう。

投球の幅を広げるよりも手持ちの武器を磨き上げ、創意工夫を掛け合わせ、成瀬はリーグを代表するサウスポーとしての立場を確立する。

シンプルなコンビネーションで打ち損じを誘い、プロでは遅い部類の速球に打者は振り遅れ続けた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧