人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2021年6月21日

町田樹のスポーツアカデミア【Reportage:アリーナの今を訪ねて】 ~さいたまスーパーアリーナ~ ニーズに合わせた変幻自在の内部機構:マネジメント・経営 / 街とアリーナの将来像

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line
関係者へのインタビューを通じてアリーナの在り方を考える

関係者へのインタビューを通じてアリーナの在り方を考える

今回は《さいたまスーパーアリーナ》をご紹介しております。現在スポーツ庁は、スタジアム・アリーナ改革のガイドラインや指針を打ち出していますが、この中でスポーツ庁はこれからの日本のアリーナやスタジアムは「多機能複合型」「民間活力の導入」「街中立地」「収益性の改善」この4つを抑えるべきだと提唱されています。実は、このさいたまスーパーアリーナはこの4つのポイントを全て抑えています。

J SPORTS オンデマンド番組情報

書き起こしコラム最終回となる今回は「マネジメント・経営」と「街とアリーナの将来像」についてい見ていきます。

マネジメント・経営

マネジメント・経営

3.マネジメント・経営

ナビゲーター:株式会社さいたまアリーナ 中村薫子さん(以後敬称略)

実は運営と管理にこそ、現在スポーツ庁が指針を示す民間活力の導入が反映されています。株式会社さいたまアリーナの中村さんに話を伺いました。

町田:さいたまスーパーアリーナの年間の稼働率はどれくらいになっているのでしょうか。

中村:だいたい70%後半から80%という稼働率を出しておりまして、まだ80%?と思われるかもしれませんが、見ての通りこれだけの稼働機構がございますので、保守点検ですとか、ムービングブロックを動かす作業日なんかもありますので、そうすると年間60日〜80日はそういったことに取られます。実際に貸し出しできる日にちが300日程度になりますので、そうすると80%という数字はほぼ100%に近いということになります。

町田:アリーナの使用料はどれくらいになりますか?例えばイベント開催時では。

さいたまスーパーアリーナの利用料

さいたまスーパーアリーナの利用料

中村:このモード(1万9000人収容)ですと、だいたい800万くらいです。

町田:これだけの人が集まるこの施設の利用料としては安いと思ってしまうのは私だけなのでしょうか。

中村:使ってもらえるから値段を上げるということはできません。この建物は埼玉県の物なので、条例で上限が決まっておりまして、私どもは決められた料金の中で運用しています。

メインアリーナとスタジアムはもちろん料金が違うので、スタジアムをたくさん貸した方が儲かるんじゃないかと思われますが、スタジアムをやってアリーナをやって、また次の日スタジアムをやってアリーナをやってとなると、ムービングブロックを動かす日をしょっちゅう作らなければいけなくなってくるので、それは効率的ではないですね。なるべく同じモードが続いて、開催できるようにしています。スタジアムだったら期間をまとめて、その後はしばらくメインアリーナみたいな感じで、なるべくムービングブロックを動かさないで、より多くのイベントを効率的に開催していくことが収益を上げていくことの一つのポイントです。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ