人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2021年6月7日

町田樹のスポーツアカデミア【Reportage:アリーナの今を訪ねて】 ~さいたまスーパーアリーナ~ ニーズに合わせた変幻自在の内部機構:スライド式可動席機構

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line
町田樹

町田樹がさいたまスーパーアリーナの内部機構に潜入!

「ルポルタージュ」「アーカイブ」「ダイアログ」をテーマに、スポーツをする・見る・支える人々にお届けするスポーツ教養番組「スポーツアカデミア」シーズン2。

J SPORTS オンデマンド番組情報

今回は《さいたまスーパーアリーナ》をご紹介しております。現在スポーツ庁は、スタジアム・アリーナ改革のガイドラインや指針を打ち出していますが、この中でスポーツ庁はこれからの日本のアリーナやスタジアムは「多機能複合型」「民間活力の導入」「街中立地」「収益性の改善」この4つを抑えるべきだと提唱されています。実は、このさいたまスーパーアリーナはこの4つのポイントを全て抑えています。

それでは、今回はニーズに合わせた変幻自在の内部機構を見ていきましょう。

ニーズに合わせた変幻自在の内部機構

ニーズに合わせた変幻自在の内部機構

2.ニーズに合わせた変幻自在の内部機構:スライド式可動席機構

ナビゲーター:イベント技術部 小峯さん(以後敬称略)

コミュニティーアリーナ

コミュニティーアリーナ

◆コミュニティーアリーナ(収容人数:4000人)

4000人が収容できるコミュニティーアリーナは、自然光や風を取り入れた開放的な空間。運動会やお祭りにも使われています。

町田:ここは言ってみればサブアリーナのような感じですよね。

小峯:主に展示会とか物販を行う会場として想定されています。上の方がガラス面になっておりまして、自然に近い形で展示会等が開催できます。

町田:2014年の世界選手権ではここにサブアリーナができて、ここで練習してメインで試合をするという流れでした。なので私は一度ここに来たはずなんですけど、全く印象が変わっていて驚きました。

メインアリーナ

メインアリーナ

◆メインアリーナ(収容人数:6000人〜37000人)

主にコンサートや国際的なスポーツイベントで使われるメインアリーナ。内部はこの二つのアリーナに別れており、その用途や収容人数によって様々な顔を見せます。メインアリーナの収容人数は6000人〜37000人まで。どうやってそこまで観客数を増減しているのか、そこには驚きの仕組みが隠されていました。

町田:やっぱり壮観ですね。この状態は言わばスーパーアリーナの素の状態ですよね。貴重な光景だと思います。席に取り囲まれているわけすが、あそこだけ歯抜けみたいになっています。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ