人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2024年2月13日

第44回全国中学校スケート大会 フィギュアスケート競技 男子シングルレビュー

フィギュアスケートレポート by 中村康一(Image Works)
  • Line

 


2024年2月4日-6日の日程で、長野県長野市、ビッグハットにて第44回全国中学校スケート大会、フィギュアスケート競技が開催された。昨年から有観客開催に戻ったこの大会だが、今年は観客が増え、地元の子供達の観戦も多く、賑わいが戻ってきた印象だ。今年の男子シングルは有力メンバーが揃い、白熱した試合となった。ユース五輪に出場した中田璃士が欠場したことは残念だったが、それ以外の主だった有力選手は揃って出場していた。入賞した上位8名の選手を全員ご紹介したい。

1位 西野太翔

西野太翔

ショート、フリーともに1位、文句なしの優勝だった。演技の印象からは天才肌の自信家のように想像していたのだが、話してみると反省の弁が多く聞かれた。やはり今季、ショート、フリーを揃えられない試合が多かったため、この全中ではノーミスを揃えることにこだわっていたようだ。

「全日本ジュニアでは失敗してしまったので、ジャンプを降りても最後まで気を抜かないように気を付けて練習してきました」

全日本ジュニアのショートでは、ジャンプをすべて降りながら続くコンビネーションスピンを失敗、大きく出遅れる原因となってしまった。今回はシーズン最終戦にしてようやくまとまった演技ができた格好だ。

「ショートは一つ失敗してしまうと順位、点数がすごく下がってしまう、という意識がありました。でもたとえ失敗したとしても諦めずに最後まで頑張る、ということができるようになりました。メンタル面で進歩できたのかなと思います」

苦手意識から緊張を覚えていたショートをようやく克服しつつあるようだ。それには「トリプルアクセルという武器を手に入れた」という自信の裏付けも影響しているのだろう。

フリーでは初のトリプルアクセル2本の構成に挑み、両方ともクリーンに着氷することができた。ジャンプのミスはあったのだが、それでも文句なしの優勝だった。

「アクセル2本は決められたんですけど、それで油断してループを失敗してしまいました。今後はこういうことのないようにしたいです。優勝はしたんですけど、自分の力を最後まで発揮できずに点数も伸びなかったので、次の大会まで完ぺきにできるようにしたいです」

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ