人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2024年2月13日

第44回全国中学校スケート大会 フィギュアスケート競技 女子シングルレビュー

フィギュアスケートレポート by 中村康一(Image Works)
  • Line

 

2024年2月4日-6日の日程で、長野県長野市、ビッグハットにて第44回全国中学校スケート大会、フィギュアスケート競技が開催された。昨年から有観客開催に戻ったこの大会だが、今年は観客が増え、地元の子供達の観戦も多く、賑わいが戻ってきた印象だ。今年の女子シングルは、直前のユース五輪に出場した島田麻央に加え、年末の全日本選手権で一気にスターダムに踊り出た上薗恋奈が残念ながら棄権。しかし中井亜美を始め、この世代の有力選手、及び急成長を見せた新星が多数出場し、見応えのある大会となった。入賞した上位8名の選手を全員ご紹介したい。

1位 岡田芽依

岡田芽依

「まさか優勝するとは思っていなかったので、すごくびっくりしてます」

優勝を決めた直後の第一声。本人すらも全く予想していなかった優勝だった。ただ、昨季辺りからローカル大会では頭角を現しており、愛知県では上手な選手の一人として名は知られていた。全国規模の大会で目立つ実績はなかったが、実力は十分に備えていた選手だ。今回、ショート、フリー共にパーフェクトな演技ではなかった。転倒こそなかったものの、大きく減点されるジャンプも見受けられた。それでも技術点を稼げた理由は、成功したエレメンツの質が高かったことに尽きる。

「今日はびびらず思いっきりジャンプを跳んだり、スピードを出したところが点数につながったかなと思います」

その辺りがエレメンツの加点につながったのだろう。また、スケーティングやつなぎの評価も、他の上位選手よりはまだ低いが徐々に上がってきている印象だ。

「3回転は大分安定してきたので、もっと表現力を上げていくのが課題です。今回の結果を糧に、もっと上のレベルを目指してみたいです」

演技の印象、身のこなしがかつて同じ名東クラブに在籍した先輩、荒木菜那にとても似ている。

「ジュニアグランプリの選考会に出たことはありません。呼ばれるように頑張ります」

先輩と同様、ジュニアグランプリで活躍する姿を是非見てみたいものだ。今回の優勝を契機に、来季はジュニアの上位で活躍する可能性が十分にある。また一人、将来有望な選手が現れた。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

人気ランキング(オンデマンド番組)

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ