人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

フィギュア スケート コラム 2021年5月31日

町田樹のスポーツアカデミア【Reportage:アリーナの今を訪ねて】 ~さいたまスーパーアリーナ~ 国内随一のアリーナ 建設の経緯

フィギュアスケートレポート by J SPORTS 編集部
  • Line
町田樹

町田樹のスポーツアカデミア

こんにちは、町田樹です。「ルポルタージュ」「アーカイブ」「ダイアログ」をテーマに、スポーツをする・見る・支える人々にお届けするスポーツ教養番組「スポーツアカデミア」いよいよシーズン2が始まります。

J SPORTS オンデマンド番組情報

今回ご紹介するのは《さいたまスーパーアリーナ》。私もスケーターとして何度も訪れたことのある舞台ですが、いつも私の最高のパフォーマンスを引き出してくれた最高の舞台です。私は2018年10月にプロスケーターを引退しましたが、引退の舞台もここでした。今回このような別の立場でこのアリーナに潜入できることを嬉しく思います。

現在スポーツ庁は、スタジアム・アリーナ改革のガイドラインや指針を打ち出していますが、この中でスポーツ庁はこれからの日本のアリーナやスタジアムは「多機能複合型」「民間活力の導入」「街中立地」「収益性の改善」この4つを抑えるべきだと提唱されています。実は、このさいたまスーパーアリーナはこの4つのポイントを全て抑えています。

今回、さいたまスーパーアリーナのルポルタージュを展開していく上で、みなさんにご注目していただきたい4つのポイントがあります。まず1つ目が、国内随一の規模を誇るさいたまスーパーアリーナがどのようにして建設されたのか、その経緯について。2つ目が、利用者のニーズの合わせて変幻自在にトランスフォームが可能なアリーナの内部機構について。3つ目が、国内アリーナのロールモデルとなりうるマネジメントのあり方について。最後の4つ目が、このさいたま新都心という街とアリーナの将来像についてです。

町田樹の着目ポイント

町田樹の着目ポイント

1.国内随一のアリーナ 建設の経緯

さいたまスーパーアリーナを管理する埼玉県 都市整備部 部長の村田さんに当時の様子を伺いました(以後敬称略)。

町田:そもそもさいたまスーパーアリーナという巨大アリーナがあそこに建設された経緯をお聞かせいただきたい。

村田:そもそもスーパーアリーナが建設されているさいたま新都心というところがなぜ開発され出したかということを前段としてお話させていただきます。そもそも埼玉県というところは、今でも人口の内の93万人が東京都に通勤したり通学したりする状況にあります。このさいたま新都心に先立つプランが出来たのは、1980年代に遡ります。その頃でも80万人という人が都内に通っていました。あまりにも東京に依存しすぎるという面がありました。また、国としても首都機能を分散しようという動きが1980年代半ばから起きておりました。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
フィギュア スケートを応援しよう!

フィギュア スケートの放送・配信ページへ