人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年6月28日

「今の日本を見ると恐怖心を感じる」。ラグビー日本代表と対戦するフランス代表記者会見

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

フランス代表のウィリアム・セルヴァ コーチ

7月2日(土)9日(土)にラグビー日本代表と対戦する「Les Bleus」(レ・ブル)こと、フランス代表が6月23日に来日し、練習を重ねている。

来日メンバーは41人。今年、シックスネーションズで「グランドスラム」(全勝優勝)を成し遂げたメンバーは15名で、昨年の世界最優秀選手のSH(スクラムハーフ)アントワーヌ・デュポン、SO(スタンドオフ)ロマン・ヌタマック、FL(フランカー)グレゴリー・アルドリッド(ラ・ロシェル)ら主力の一部は休養のため、来日していない。

平均年齢は23歳で、最年長はCTB(センター)ヴィリミ・ヴァカタワ(ラシン92)の30歳。最年少はPR(プロップ)マティス・ペルショー(バイヨンヌ)の19歳だ。ペルショー含む、3人のU20フランス代表の選手が昇格となった。

『TOP14』の決勝を控えていたモンペリエ、カストルの両チームの選手はU20を除き、召集されておらず、最多はトゥーロン、ラ・ロシェル、ボルドーから各6人、トゥルーズ、ラシンから各5人の選手が選出された(PRドリアン・アルドゲリは来日直前に負傷のためチームから離脱)。また、フランス2部にあたる『Pro D2』からは4人の選手がメンバー入りした。

ファビアン・ガルティエHC(ヘッドコーチ)は事前に公言していた通り、6月19日にイングランド代表を、52-21で下したバーバリアンズ戦の主将FLシャルル・オリヴォン(トゥーロン)ら、メンバー19人を全て召集。また、そのオリヴォンが今回のツアーではキャプテンを務める。

今回のメンバーの平均キャップ数は6で、最多はWTB(ウイング)ダミアン・プノの32キャップで、17人がノンキャップだ。ハーフ団はボルドーでもコンビを組むSHマクシム・ルク、正確なキックが武器のSOマチュー・ジャリベールの2人が中心となろう。

フランス代表は昨夏のオーストラリア遠征でも、22人のノンキャップの選手を召集した。今回の日本ツアーにも参加するFB(フルバック)メルヴァン・ジャミネもその1人で、昨夏のオーストラリア戦で代表デビューを果たすと、今年のシックスネーションズではすでに主力の1人として活躍している。ノンキャップやキャップ数の少ない選手たちにとっては、この日本代表戦で一気に来年のワールドカップ出場を手繰り寄せるチャンスとなろう。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ