人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2022年3月24日

國學院栃木、花園で巻き起こした旋風を再び。全国高校選抜ラグビー大会 注目校紹介

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

國學院栃木

3月25日(金)から31日(木)まで、埼玉・熊谷ラグビー場を中心に、春の高校王者を決める第23回全国高校選抜ラグビー大会が行われる。注目校の1つで、「ベスト8以上」を目標に掲げる、3大会連続8回目出場の國學院栃木高校(栃木)を紹介する。

年末の花園で大きな旋風を巻き起こしたチームが、過去ベスト8が最高成績だった「國栃」こと、國學院栃木だった。スクラム、モールといったセットプレーが強く、堅実に、真面目に身体を張り続けるFW(フォワード)陣と、SO(スタンドオフ)伊藤龍之介、FB(フルバック)青柳潤之介の2年生の2枚看板がアタックをリードした。

新主将に選ばれたSO伊藤

昨年の関東大会王者としてBシードに選出され、3回戦で流通経済大柏(千葉)、準々決勝で長崎北陽台(長崎)を下し、初のベスト4に進出して歴史を塗り替えた。さらに準決勝で大会連覇中の桐蔭学園(神奈川)を下して決勝まで駒を進めた。決勝こそ東海大大阪仰星(大阪第2)に敗れたが、大きなインパクトを残した。

J SPORTS オンデマンド番組情報

1988年、ラグビー部が愛好会時代から34年間指導を続けてきた吉岡肇監督(60歳)は「簡単に強くなっていないから、簡単に弱くならない。やってきたことが間違いではないという自信になった」。

「方針をぶらさず右肩上がりの成長が重要で、花が咲き始めている。一発花火で終わらないために今年、来年は重要だと話しています。花園の自信を武器に、今回の選抜で再びベスト4、決勝まで行くのか、足下をすくわれるのか、ワクワクドキドキしています」と8回目の選抜を楽しみにしている。

コロナ禍での注意点を再確認する吉岡監督

10年ほど前までは栃木県出身の選手も多かったが、吉岡監督の「来る者拒まず」の精神と、2018年にグラウンドが人工芝となり、学内に男子寮ができたことで県外の生徒が増えていき、選手層が厚くなったこともチーム力向上に寄与している。現在、2年生が28名、1年生が32年(マネージャー1人)、春からの新入生49名の7割ほどは寮生活をしている。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ