人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年12月15日

日本はイングランド、アルゼンチンと同組。ラグビーワールドカップ2023 組み合わせ抽選

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

パリで行われた抽選会

12月14日、日本時間の20:30より、パリの中心地にある旧証券取引所(パレ・ブロンニャール)で2023年9月~10月、フランスで開催される第10回ラグビーワールドカップのプール組み合わせ抽選会が行われた。

2019年のラグビーワールドカップで日本代表を含め、予選プールで3位以上に入った12チームは2023年大会の出場権を自動的に得ており、残り8チームは地区予選や最終予選によって決定され、合計20チームが出場する。

出場権を得た12チームは、新型コロナウィルス感染拡大の影響のため、2020年1月1日時点での世界ランキングで3つのバンドに振り分けられ、世界ランキングで8位だった日本代表は第2シードにあたるバンド2に入っていた。

20チームがA~Dの4つの予選プールに振り分けられ、日本(現在の世界ランキング10位)はプールDに入り、日本代表の前指揮官エディー・ジョーンズHC(ヘッドコーチ)が率いる前回大会準優勝のイングランド(2位)、過去にベスト4に2度入っている強豪アルゼンチン(8位)、オセアニア第1代表(サモアかトンガが有力)、南北米大陸第2代表(アメリカ、ウルグアイ、カナダなどが有力)と同じ組に入った。

また、日本代表がプールDを1位および2位で勝ち抜いた場合、プールCの上位2チームのいずれかと対戦する。

◆2023年ラグビーワールドカップ予選プール組分け

※( )内は12月7日現在の世界ランキング

2023年大会の組み合わせが決定

プールA:ニュージーランド(3)、フランス(4)、イタリア(14)、南北米大陸第1代表、アフリカ第1代表

プールB:南アフリカ(1)、アイルランド(5)、スコットランド(7)、アジア/太平洋代表、欧州第2代表

プールC:ウェールズ(9)、オーストラリア(6)、フィジー(11)、欧州第1代表、最終予選勝者

プールD:イングランド(2)、日本(10)、アルゼンチン(8)、オセアニア第1代表、南北米大陸第2代表

抽選会にはオンラインで前回大会優勝の南アフリカ代表キャプテンFL(フランカー)シヤ・コリシ、イングランド代表SO(スタンドオフ)オーエン・ファレル、フィジー代表CTB(センター)セミ・ラドラドラなどが登場。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ