人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年11月2日

キヤノンイーグルス、ラグビー新リーグでのホストエリアを横浜に決定

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

キャノンの田村優キャプテンと林文子横浜市長

横浜でラグビーワールドカップ決勝が行われてから、ちょうど1年となる11月2日(月)、横浜市庁舎でトップリーグに参戦しているキヤノンイーグルスがホストエリア発表会見を開いた。

2022年1月から始まる予定の新リーグにおいて、キヤノンが横浜市をホストエリアとし、ニッパツ三ツ沢球技場と日産スタジアムでホーム試合を開催。競技者や指導者の育成、横浜市の学校での普及活動などといった地域貢献活動を行うことになった。

東京にトップリーグが5チームと集中していたこと、一方で横浜市にトップリーグチームがなかったこと、横浜で6試合が行われたラグビーワールドカップのレガシーを引き継いでいくことなどからの理由で、キヤノンイーグルスは2022年の新リーグ開幕に向けて、横浜をホストエリアとすることになったという。

なお、チームの練習は引き続き東京町田市にあるキヤノンスポーツパークで行い、町田市での地域貢献活動も継続するという。

田中史朗選手と林市長

会見に登壇したのは林文子横浜市長を筆頭に、キヤノンイーグルスからはラグビー部の部長を務める岡本芳弘氏、永友洋司GM(ゼネラルマネージャー)、主将のSO(スタンドオフ)田村優、SH(スクラムハーフ)田中史朗(ともにワールドカップ2019日本代表)。

CTB(センター)ジェシー・クリエル(ワールドカップ2019南アフリカ代表)、桐蔭学園出身のSO小倉順平、神奈川県ラグビー協会会長の丹治明氏、横浜市ラグビー協会会長の沼田昭司氏の9人だった。

まず、林文子市長が「日本最高峰のトップリーグに参戦しているキヤノンイーグルスが、ホームエリアに横浜をお選びいただきました。みなさまを心より歓迎いたします。キヤノンイーグルスが横浜を本拠地として活動するのは新リーグが開幕する2022年1月からです。

1年前の今日、世界中を興奮させたワールドカップの決勝が、この横浜の地で行われ、日本代表が劇的な勝利を収めたスコットランド戦など、計6試合が行われました。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ