人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月22日

姫野和樹、「もっともっと強く」なるためハイランダーズへ移籍

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

2021シーズンはスーパーラグビーに舞台を移す

来年、スーパーラグビーのハイランダーズ(ニュージーランド)への挑戦が決まった姫野和樹選手(トヨタ自動車ヴェルブリッツ)が、10月22日(木)にオンラインで記者会見を開いた。

まず、姫野は2021年にトップリーグではなく、スーパーラグビーのハイランダーズに挑戦しようとしたきっかけについて口を開いた。

昨年のラグビーワールドカップで大きく成長したバックローは、「自分の夢であるラグビーを、日本になくてはならない存在したい思いがあるので、そういった自分の夢を叶えるためにも、自分が海外挑戦のチャンスをつかむことによって、日本ラグビーに大きなものもたらすと思うと考えている。

また、あちらで活躍することで選手や子どもたちが、僕のプレーを見て勇気や感動を感じてもらいたいと思いましたし、自分の成長という点で、居心地のいい日本を離れてハングリーにプレーすること必要だと感じたので、海外でのプレーを選びました」と真っ直ぐ前を向いた。

昔から海外に行きたいという思いがあったが、やはりワールドカップという舞台を経験して、その思いがより大きくなったという。

「(準々決勝の)南アフリカ代表戦まで、コンディションが維持できなかった。あれだけレベルの高いゲームを1週間、1週間、こなしていくのも初めての体験だった。南アフリカ代表戦は満身創痍だったのもありますし、自分プレーができなかったこともある」。

「もっともっと強くなりたいという向上心がすごく強くなりました。スーパーラグビーというレベルの高いリーグで、毎週、戦ってタフになることはすごく大きなメリットがあると思い、スーパーラグビーに行くことを決めました」。

姫野はトヨタ自動車のコーチ陣や、日本代表のコーチ陣にアドバイスを求めたという。当然、トヨタ自動車のコーチ陣からは「(オーストラリア代表のマイケル・)フーパーも加入するし、今後も海外挑戦のチャンスがあるから残ってほしい」と言われたという。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ