人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年10月3日

早稲田大学、初戦は青山学院大学戦、今年の『荒ぶる』を掴むための試金石。ラグビー関東大学対抗戦

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

早稲田大学の約9か月ぶりの公式戦が迫ってきた。ラグビー関東大学対抗戦の開幕戦、対戦相手は青山学院大学である。昨年度は第3節で対戦し、92-0で零封した相手。今年度も危なげなく勝利を収め、続く対戦に弾みをつけたいところだ。

青学大は昨年度対抗戦7位。Aグループに残留はできているものの、近年は思うように上位進出ができていない。しかし、今年度も有望な新人の加入により力を蓄え、目標である大学選手権出場の時機をうかがっている。主将・副将のCTB(センター)コンビが繰り出すアタックをはじめとした、スピーディーな展開ラグビーを強みとするチームだ。

J SPORTS 放送情報

対する早大の現状はどうか。活動自粛中は個人練習を余儀なくされたが、身体づくりや基礎の徹底など個々にメニューを組んで取り組むことで、自分自身と向き合うことができた。さらに、スモールグループに分かれてラグビーに関する意見交換を行うなど、競技への理解度を高める機会にもなり、地力を養う期間となったようだ。

オンラインでセットプレーの強化にも努めた

また、オンライン上でスクラムコーチから基本姿勢の指導を受けるなどの工夫を重ねた甲斐もあり、FW(フォワード)のセットプレーについては「良い状態でできている」とPR(プロップ)久保優(スポ4=福岡・筑紫)は語る。

J SPORTS オンデマンド番組情報

実際、9月13日に行われた流通経済大学との練習試合では、スクラムトライを挙げたり、ラインアウトで高いマイボール獲得率を保持したりと安定したパフォーマンスを見せ、手ごたえを掴んだ様子。

しかし、「まだまだ改善点はある」と久保。昨年度FWを強みとする明治大学や帝京大学にも押し負けない強さを取り戻した、低くまとまって組む早稲田伝統のスクラムを今年も徹底できるか、FWの成長に期待がかかる。

新体制になりポジション争いに注目が集まるBK(バックス)は、WTB(ウィング)古賀由教(スポ4=東福岡)、CTB長田智希(スポ3=大阪・東海大仰星)ら昨年度も活躍を見せてきた選手たちに加え、新勢力の躍進が見どころのひとつだろう。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ