人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年8月27日

最下位のフォース、首位のブランビーズに一矢報いるか。スーパーラグビー2020オーストラリア

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

7月3日に開幕した、オーストラリアの5チームで行われる国内大会「スーパーラグビー2020オーストラリア」は今週の8月28日(金)29日(土)に第9節を迎える。28日はプレーオフ進出が決まり、首位に立つブランビーズと最下位のフォースの一戦が、ブランビーズのホームであるGIOスタジアムで行われる。

この試合では、新型コロナウィルス感染防止のための観客制限が緩和されて、当初1500人だったが、3000人まで入場が許されることとなった。

首位を走るブランビーズのスタメン

ブランビーズは、8月7日の第6節でレベルズに12-30と負けたのみで、ここまで5勝1敗で勝ち点23と首位に立っている。ダン・マッケラーHC(ヘッドコーチ)は、フォース戦に向けて、38-11で快勝した前節のワラターズ戦から、1名を変更するにとどまった。

J SPORTS オンデマンド番組情報

SH(スクラムハーフ)は、若いライアン・ロナーガンから、オーストラリア代表キャップを持つジョー・パウエルを先発に復帰させ、フォース戦で先発デビューして気を吐く、22歳のSO(スタンドオフ)ベイリー・キュンツェルとハーフ団を組む。

FW(フォワード)を見るとPR(プロップ)はジェームズ・スリッパー、キャプテンのアラン・アラアラトアのワラビーズコンビ、HO(フッカー)はコーナル・マキナーニーでフロントローを形成する。

LO(ロック)はスコットランド出身のマレー・ダグラスと、豊田自動織機でもプレー経験があり、先日ブランビーズとの契約更新が決まったケイデン・ネヴィルが務める。

バックローはFL(フランカー)ウィル・ミラーとイングランドでプレー経験のあるラクラン・マキャフリー、NO8(ナンバーエイト)には、先週のワラターズ戦でのMOM(マンオブザマッチ)に輝いたワラビーズのピート・サムが入った。

BK(バックス)では、ワラビーズのテヴィタ・クリンドラニが負傷しているため、CTB(センター)には前節に引き続き、トンガ生まれでリーグラグビー出身のソロモネ・カタがアウトサイドCTBに入り、イラエ・シモネとコンビを組む。WTB(ウィング)には前節2トライを挙げたトム・ライトと、1トライのアンディ・ミュアヘッド、そしてFB(フルバック)にはトム・バンクスが入った。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ