人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年3月23日

ラグビーファンなら必見の名勝負 日本代表が南アフリカを倒した世紀の番狂わせ「ブライトンの衝撃」を見よ。

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line
RWC2015 南アフリカに勝利した日本代表

日本ラグビーの名勝負は数多いが、とびきりの一試合をあげるならこれだろう。2015年9月19日、イングランド南東部に位置するリゾート地ブライトンでの「ジャイアント・キリング」は、世界のラグビー史に刻まれ、長く語り継がれることになった。2019年のラグビーワールドカップ(RWC)日本大会でラグビーファンになった皆さんにもぜひおすすめしたい。試合内容の詳細は、実際に確かめていただくとして、試合を楽しむためのいくつかの情報を記しておきたい。

第8回RWCは、イングランドラグビーの聖地トゥイッケナムをメイン会場に開催された。期間は、9月18日~10月31日。4年後の日本大会に向け、日本代表はこの大会でのベスト8進出を目指して強化を図っていた。2012年からは世界的な名将であるエディー・ジョーンズヘッドコーチ(HC)が指揮を執り、「世界一」と呼ばれる猛練習で鍛え、緻密な戦略を練り上げた。しかし、過去7大会で1勝21敗2引き分けの日本代表が強豪国に勝つと信じる者はほとんどいなかった。

一次リーグで日本代表はプールBに所属し、南アフリカ、スコットランド、サモア、アメリカの順で対戦することになっていた。南アフリカ(愛称スプリングボクス)は1995年、2007年大会で優勝し、イングランド大会でも優勝候補の一角。過去にRWCで敗れたのは4度しかない。普通に考えれば、同格のサモア、アメリカに確実に勝ち、南アフリカに比べれば力は落ちるスコットランドから勝利をもぎ取って決勝トーナメントに進出すると考える。しかし、エディー・ジョーンズHCは初戦の南アフリカにターゲットを絞り、「ビート・ザ・ボクス」(ボクスに勝つ)と名付け、スプリングボクスに勝つための練習を繰り返した。

オーストラリア代表ヘッドコーチとして2003年大会で準優勝、南アフリカ代表テクニカルアドバイザーとして2007年大会優勝。百戦錬磨のジョーンズHCは事前に数々の仕掛けをしていた。まずは、4年の歳月をかけて日本代表はパスを多用するチームというイメージを浸透させた。そして、弱点とされていたスクラムを徹底的に鍛え上げ、南アフリカ戦の前には「スクラムを押せば勝てる」と宣戦布告する。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ