人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年3月19日

スーパーラグビーの再開が、待ちきれないっ。 そんなときは、これ。「サンウルブズ勝ち見せ!」 初勝利から劇的逆転まで、歓喜の瞬間を堪能しよう。

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

世界中のスポーツが新型コロナウイルス禍で中止、延期になるなか、なんとか試合を続けていたスーパーラグビーも3月15日をもって一時中断となった。ラグビーを愛する人たちにとっては寂しい限り。日本のサンウルブズにとっては、今季がスーパーラグビーのラストイヤーなのだ。一つでも多く彼らの挑戦が見たいのに…。しかし、今は我慢のとき。再びサンウルブズの試合で歓喜の雄叫びをあげる日が来ることを信じて待つしかない。

J SPORTSは現在「サンウルブズ勝ち見せ!」と題し、太陽の狼軍団の勝利を一気に再放送している。

2016年の初参戦イヤーから見ている人は懐かしく感じるだろうし、2019年のラグビーワールドカップ(RWC)からラグビーを見始めた皆さんには日本代表選手たちの活躍が新鮮だろう。

筆者のイチ押しは、やはり2016年の初勝利だ。日本ラグビーの未来のため、2015年のRWC、トップリーグ、そしてスーパーラグビーと休む間もなく戦う男たち。その先頭に立ったのが、堀江翔太キャプテンだ。2016年2月26日、秩父宮ラグビー場で始まった日本チームのスーパーラグビー挑戦。堀江翔太が唯一のトライを決めたものの、南アフリカのライオンズに敗れる。その後も連戦連敗。第8節、南アフリカのブルームフォンティンで行われたチーターズ戦では17-92という大敗を喫する。しかし、歴史的勝利は突然やってきた。

2016年 東京・秩父宮ラグビー場でジャガーズを下したサンウルブズ

4月23日、秩父宮ラグビー場には辛抱強く応援を続ける14,950人のファンが詰めかけていた。チーターズに大敗した時、堀江とともにチームを引っ張っていたCTB立川理道は思った。「遠征にも参加できず、試合機会の少ないメンバーは悔しいだろうな」。そう、この大敗が選手たちの結束を固めたのだ。相手はほぼアルゼンチン代表選手が並ぶジャガーズ(現在はハグアレスと現地読みで呼ぶ)。サンウルブズはサモア代表のSOトゥシ・ピシのPGで先制し、WTB笹倉康誉のトライで接戦に持ち込む。

後半16分、立川からパスを受けたCTBデレック・カーペンターのトライは観客を沸かせた。サンウルブズの赤いタオルが客席でクルクルと回る。最後は1点差のリードから立川の決勝トライ。立川は思わずボールを天高く放り上げた。応援し続けたファン、体を張って戦い続けた選手、スタッフ、関係者、すべての人たちの努力が報われた勝利だった。顔をくしゃくしゃにした堀江の泣き顔はこの試合のハイライトだ。

J SPORTS オンデマンド 配信予定

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ