人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月17日

サントリー対NTTコムは、好勝負必至。ケレビ対リアリーファノのオーストラリア代表対決!流、松島対マフィの日本代表対決など見どころ満載

村上晃一ラグビーコラム by 村上 晃一
  • Line

のべ10万人以上の観客が集ったトップリーグ開幕節は、日本代表選手の活躍もあって大いに盛り上がった。第2節も注目カードが並ぶが、本欄ではサントリーサンゴリアス対NTTコミュニケーションズシャイニングアークス戦を取り上げたい。両チームは昨シーズン2度対戦。2018年9月7日のリーグ戦で20-18、同年11月24日のカップ戦で33-26と、いずれもサントリーが勝っているが僅差勝負だった。互いに新しいメンバーもいるが今季も好勝負が期待される。

サントリーは開幕節で東芝ブレイブルーパスに19-26で敗れた。危険なプレーでのレッドカードを受け、約65分を14人で戦うことになった。「結果については望むものではありませんが、14人で試合の大半を戦って1ポイントを獲得できたことは、誇れることであると思います。この1ポイントも、梶村選手が相手のゴールキックをチャージしたことで、得られたものであり、こういうプレーができるチームを誇りに思います」。流大キャプテンの言葉通り、数的不利を感じさせずに戦ったところは逆に底力を感じさせた。松島幸太朗の驚異の股下パス、1人で2人をディフェンスしてタッチに押し出したタックルなどは、そのプレーだけで入場料分の価値があった。

J SPORTS 番組情報

第2節も松島は先発。流キャプテンはじめ、トップリーグデビュー戦でオーストラリア代表の実力を見せつけたサム・ケレビ、トライをあげたWTBテビタ・リー、パワフルな突進を見せたテビタ・タタフの新戦力は引き続き先発。第1節から先発では5名の変更がある。FWでは、LO小林航に代わってトム・サベッジ、FLジョーダン・スマイラーから飯野晃司、レッドカードを受けて3試合出場停止になった西川征克からジョーン・マクマーンに代わる。BKは、SOマット・ギタウから田村煕、WTB尾崎晟也から江見翔太に代わった。ギタウは、外国人枠(他国代表歴のある選手は同時出場2名)の問題で、リザーブ。マクマーン、ケレビのオーストラリア代表組のいずれかと途中交代することになるだろう。トップリーグデビューとなるのは、LOトム・サベッジ。イングランドのグロスターでプレーしていた選手で、197㎝、118キロのサイズでイングランドのFWらしい力強いプレーが楽しみだ。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ