人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2020年1月1日

早稲田大学、「荒ぶる」へ向け関西王者・天理大学と激突。ラグビー全国大学選手権準決勝

ラグビーレポート by 早稲田スポーツ新聞会
  • Line

写真:日大戦でインゴールを駆け抜けるSH小西

2年連続となる「年越し」だ。全国大学選手権初戦で、早稲田大学は約3週間ぶりの試合ということもあってか、ミスが多い展開となった。しかし、徐々にペースを奪い、日大に57-14で快勝。

一方の天理大学も、帝京大を破った流通経済大学を相手に前半こそリードを許したが、後半は圧巻のパフォーマンスを披露。58-28で勝利を収め、昨年度の準優勝校の貫禄を見せた。

夏の試合では早大に軍配が上がっている。それだけに、天理大は雪辱に燃えているだろう。昨年を超えるため、東京・秩父宮ラグビー場の舞台で赤黒戦士たちが躍動する。

昨年度の大学選手権準優勝校である天理大。チームの強みは関西大学Aリーグで、全試合50点以上を挙げる驚異の攻撃力だろう。

その原動力となるのはサンウルブスの第1次スコッドに選出されたCTB(センター)シオサイア・フィフィタを筆頭とした強力なフィジカルを有する選手たちだ。

1年時からコンビを組むSH(スクラムハーフ)藤原忍(天理大)、SO(スタンドオフ)松永拓朗(天理大)のHB団のゲームメークによりその脅威は倍増。さらに、昨季からの強みであるセットプレーも一段と磨きがかかっている。

前の試合では帝京大を下して波に乗る流通経大に押され、試合を17-21で折り返した。しかし後半開始早々、フランカー松岡大和(天理大)がトライを決め逆転。

その後、フィフィタの今試合ハットトリックとなるトライやスクラムで反則を勝ち取るなど、持ち前の攻撃力を存分に見せつけた。結果として後半だけで41-7と流通経大を圧倒。準決勝進出を決めた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ