人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年12月25日

初出場の大分東明(大分)と、飯田(長野)が激突。第99回全国高校ラグビー大会1回戦

ラグビーレポート by 多羅 正崇
  • Line
全国高校ラグビー

12月27日(金)に開幕する第99回全国高校ラグビーフットボール大会。通称「花園」。

高校ラガーマンの憧れである檜舞台は、今年も大阪・東大阪市花園ラグビー場が舞台となる。全51校が参加し、1月7日(火)の決勝戦で、記念すべき令和元年度の高校王者が決定する。

12月27日(金)、28日(土)は第Ⅰ~Ⅲグラウンドで1回戦が行われるが、27日の第Ⅲグラウンドでは、13時20分に注目試合がキックオフを迎える。

大分県代表の大分東明(初出場)と、長野県代表の飯田(2年ぶり9度目)の対決だ。

注目は、やはり青森山田(青森)と共に大会初出場となる大分東明だろう。

大分県では長きにわたり、大分舞鶴が絶対王者として君臨。実に33年連続で花園切符を手にしていた。

しかし11月10日の県予選決勝で、歴史が動いた。

大分東明が17-14で大分舞鶴に歴史的勝利。県新人大会に続いて王者を下し、1977年の創部以来初となる花園出場を掴んだのだ。

指揮官は大分舞鶴OBの白田誠明監督。2011年の着任から短期間で母校相手に夢を掴んだ。

注目選手は、やはりフィジー出身の2年生コンビ、NO8セコナイヤ・ブルとCTBジョアペ・ナホだろう。来日2年目ながら、日本語授業と寮生活で日常会話が成長中。巧みなオフロードパスでアタックの起点になる。

ただ留学生2人が頼りのチームでないことは、こちらも初出場だった“センバツ”こと全国高校選抜ラグビー大会で証明していた。

予選リーグ突破はならなかったが、強豪・尾道(広島)に18-15で競り勝ち、岩手・黒沢尻工には48-0で完封勝ち。初出場校で唯一の大会2勝を挙げており、強豪の貫禄さえ感じた。

SH若松納央(3年)のパスさばきで躍動するBKは魅力的。白田監督は「ディフェンスが好きな子が多い」と語っており、展開力に加えてディフェンスも見どころになるだろう。

対戦する長野・飯田は、2年ぶりの花園出場。

県決勝では11年連続で対戦しているライバル・岡谷工を33-20で下した。

決勝戦ではFWが先制トライを挙げたが、大分東明と同じく展開力も強み。2季前の花園で好タックルを見せていたCTB横前耕太郎らが突破を図る。

部員数は30人。大分東明は58人で約半数だが、展開ラグビーに加えて伝統のディフェンスから好機を演出したい。

勝者は12月30日の2回戦で、Bシードの常翔学園(大阪第2)と対戦する。勝者も敗者も美しい、高校ラグビーの祭典が今年も始まる。

文:多羅 正崇

多羅正崇

多羅 正崇

スポーツライター。法政二高-法政大学ではラグビー部に所属。大学1年時にU19日本代表候補に選出される。法政大学大学院日本文学専攻卒。現在は「ラグビーリパブリック」「Number web」等に記事を寄稿。ユーモアエッセイストとしても活動中。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ