人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年11月2日

リーチや流、松島。東芝とサントリーの所属選手が府中で報告会

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

11月2日(日)、東京・府中市のけやき並木通りで、ラグビーワールドカップで日本代表として活躍した、東芝ブレイブルーパスとサントリーサンゴリアスの日本代表選手報告会が行われた。

前回大会後の報告会は4000人だったが、今回は1万5000人ものファンが訪れた。

参加したのはサントリー所属のSH(スクラムハーフ)流大、CTB(センター)中村亮土、WTB(ウィング)松島幸太朗の3人と、東芝所属のFL(フランカー)リーチ マイケル、FL徳永祥尭の2人の5人。

サントリーのHO(フッカー)北出卓也、FLツイ ヘンドリックの2人は都合により参加できなかった。

まず、けやき並木通りのレッドカーペットを歩きながら、選手たちはファンにサインなどをして対応した。

そして、大学時代はラグビー部のキャプテンだったという府中市の高野律雄市長より7人全員に「府中市民スポーツ特別栄誉賞」が、さらに日本代表キャプテンとして勇気と感動を与えたということで、リーチには「府中市民栄栄誉賞」が贈られた。

「リーチ!!」のコールに包まれたリーチ キャプテンは「ラグビー日本代表、府中市民のリーチマイケルです」と挨拶したあとこう述べた。

「たくさんの応援いただき、ありがとうございます。たくさんの人々に来ていただき、ありがとうございます」。

「自分たちが立てた目標、ベスト8を達成できました。たくさんの熱い応援、そして、ボランティア活動してきた人にも感謝したいです」。

「今後も(日本の)ラグビーを強くしていきたいので まずは府中から盛り上げて、1月12日の(トップリーグ)開幕戦、秩父宮で行われる東芝vs.サントリーにみんなで行って応援しましょう!」。

続いて、司会者から質問されて、5選手はそれぞれ答えた。

日本で行われた大会ということで、リーチは「前回大会に比べて今大会は自分の周りにいるリーダーがサポートしてくれて、厳しい練習やってきて、それがすべて結果につながったと思います」。

「(リーチコールに関して)すごく嬉しいです。試合の時に厳しい状況のときに応援してくれて自分の背中を押してくれる。今後も続けてほしい!」と話した。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ