人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年10月8日

南アフリカ、カナダを圧倒し、準々決勝進出を決める。ラグビーワールドカップ

ラグビーニュース by J SPORTS 編集部
  • Line

ラグビーワールドカップはプール戦が佳境に入り、既に準々決勝進出を決めるチームが出始めるなか、この日は神戸市御崎公園球技場カナダと対戦した南アフリカがプール戦最後の試合を迎えた。

試合は地力で大きく上回る南アフリカが多彩な攻撃を繰り出し、10トライを奪う一方的な展開で、5ポイントを加算してベスト8進出を決めた。

J SPORTS 番組情報

カナダのキックオフで始まった前半は、南アフリカが開始早々の2分にCTB(センター)ダミアン・デアリエンディのトライで先制すると、SO(スタンドオフ)エルトン・ヤンキースのキックも決まり、7-0として幸先良いスタートを切る。

さらに南アフリカは6分に速いテンポでパスを繋ぐ攻撃から、WTB(ウィング)シブシソ・ンコシのトライで加点。

9分にはSH(スクラムハーフ)コーバス・ライナーが守備ラインの裏をつくショートパントを自らキャッチして抜け出しトライを決め、コンバージョンを含め19-0とリードを広げる。

スクラムなどのセットピースでもカナダを凌駕する南アフリカは、その後も主導権を握ったまま試合を展開し、17分にはライナーのトライで早くもボーナスポイントを確定させる。

20分にもキックオフの流れから、技ありのキックパスを起点とした速攻からライナーがトライを奪う。

J SPORTS オンデマンド番組

その後、スプリングボクスが前半にもう2トライを決めたのに対し、カナダはレッドカードで退場者を出し、試合終了まで数的不利を被ることとなった。

それでもカナダはファイトし続ける姿勢を崩さず、後半5分にはFL(フランカー)マット・ヒートンがトライを決めて一矢報いるも、南アフリカは14分、25分、そして32分とトライを重ね、66-7と点差を広げてノーサイドを迎えた。

◆プールB 順位表
1位 南アフリカ:勝ち点15(3勝1敗)
2位 ニュージーランド:14(3勝)
3位 イタリア:10(2勝1敗)
4位 ナミビア:0(3敗)
5位 カナダ:0(3敗)

【ハイライト動画】南アフリカvs.カナダ ラグビーワールドカップ

(c) Rugby World Cup Limited 2019

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ