人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年9月29日

日本、世界に再び衝撃を与えたアイルランド戦の勝利。ラグビーワールドカップ2019 日本 vs. アイルランド

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ラグビーワールドカップ開幕戦でロシア代表に勝って、好スタートを切ったラグビー日本代表

9月28日(土)、予選プール2戦目は小笠山総合運動公園エコパスタジアムに、大会直前までニュージーランド代表を押さえて、世界ランキング首位に立っていたアイルランド代表を迎えた。

日本は南アフリカに勝利した「ブライトンの奇跡」から4年。ジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)体制下でも、ワールドカップでの「奇跡」の再現を狙った。

「信念を持ってやってきた」とジョセフHCや、ゲームキャプテンFL(フランカー)ピーター・ラブスカフニと、チーム全員が同じ思いでこの試合に臨んだ「ブレイブブロッサムズ」(勇敢な桜の戦士たち)は、その名にふさわしい戦いを見せる。

日本は前半、自陣奥でタッチに蹴るところは蹴って、それ以外は「ボールキープする」戦略で臨んだ。前半5分、SO(スタンドオフ)田村優がPG(ペナルティゴール)を狙ったが外れて、先制のチャンスを逃す。

13分、今度はアイルランドが日本ゴール前まで攻め入ると、この日ジョナサン・セクストンに代わって先発したSOジャック・カーティーが右前方へクロスキック。CTB(センター)ギャリー・リングローズが押さえて、0-5と先制する。

引き続きワイドのアタックで冴えを見せる日本も、17分にSO田村のPGで3点を返し3-5とする。

だが20分、アイルランドは再び反撃し、相手ゴール前でSOカーティが前方へのショートパントから、FBロブ・カーニーがねじ込みトライ。SOカーティのゴールも成功して、3-12とリードを広げられてしまう。

前半の20分で早くも2トライを奪われた日本だったが、それでも5万人近いファンの後押しもあり、焦りは感じられなかった。

ボールを継続してアタックし、敵陣でペナルティを得ると、33分、39分とSO田村がPGを決めて、9-12と3点差まで追い上げたところで前半を折り返す。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ