人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年9月21日

プール戦屈指の好カードはニュージーランドが南アフリカを振り切る。ラグビーワールドカップ2019 ニュージーランド vs. 南アフリカ

ラグビーニュース by J SPORTS 編集部
  • Line

カパオパンゴ|ラグビー ニュージーランド代表

(c) Rugby World Cup Limited 2019

ラグビーワールドカップ、プール戦屈指の大一番となったニュージーランドと南アフリカが横浜に相見えた一戦。

前半1分に南アフリカのSO(スタンドオフ)ハンドレ・ポラードが、52mのPG(ペナルティゴール)を決め、開始早々先制に成功する。その後は、支配率で上回るニュージーランドに対し、南アフリカが堅守を軸に好機を伺う展開が続く。

一進一退の攻防のなか、試合が動いたのは22分。ニュージーランドは自陣から相手のパスミスに乗じ、一気に敵陣深い位置まで攻め上がると、PGをSOリッチー・モウンガが決めて試合を振り出しに戻す。

勢いに乗るオールブラックスは直後の23分、キックを起点とした果敢な攻撃から最後はWTB(ウィング)ジョージ・ブリッジがトライを決め、モウンガのキックも成功して勝ち越しに成功。

ニュージーランドはさらに26分にも同じような展開から、LO(ロック)スコット・バレットのトライで加点し、キックも決め、17-3とリードを広げて後半へ折り返した。

後半の早い時間に得点したい南アフリカは、高いコンテストキックを自陣でキャッチしたWTBチェスリン・コルビが、一気に敵陣22mラインの内側まで持ち込んで流れを作る。

7分に中央を突破したFL(フランス)ピーター ステフ・デュトイがトライ。ポラードがコンバージョンを決め、17-10と盛り返す。さらに18分にはポラードが絶妙なDG(ドロップゴール)を決め、17-13として追い上げムードを加速させる。

対するオールブラックスは26分、相手スクラムをマイボールとした流れからPGをモウンガが決め、欲しかった追加点を挙げると、31分にはFB(フルバック)ボーデン・バレットによるPGで、23-13として主導権を取り戻す。

結局、試合はこのままノーサイドとなり、ニュージーランドが難敵・南アフリカを下して大会3連覇へ好スタートを切った。

【ハイライト】ニュージーランドvs.南アフリカ ラグビーワールドカップ

(c) Rugby World Cup Limited 2019

J SPORTS編集部

J SPORTS 編集部

 

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ