人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年9月20日

ニュージーランドvs.南アフリカ、優勝候補が激突する予選プール最大の戦い。ラグビーワールドカップ

ラグビーレポート by 斉藤 健仁
  • Line

ラグビーワールドカップ日本大会。大会2日目の9月21日(土)、予選プールで最も注目される、プールBのビッグマッチが横浜国際総合競技場で行われる。

大会の勝率88%で、3連覇&4回目の優勝を狙う「オールブラックス」こと、ニュージーランド代表と、同勝率83%で過去2回の優勝を誇る「スプリングボクス」こと、南アフリカ代表が、ワールドカップで初めて予選プールで対戦する。

J SPORTS 番組情報

どのチームよりも早く来日したスプリングボクスのメンバー23名は、9月6日に行われた日本代表戦と全く同じ。

また、7月27日、ザ・ラグビーチャンピオンシップ(南半球4カ国対抗戦)で、ニュージーランド代表と16-16で引き分けた時と、ケガで欠場したキャプテンのFL(フランカー)シヤ・コリシ以外同じという布陣となった。

南アフリカ代表のヨハン・エラスムス監督(ディレクターオブラグビー)は「われわれは一貫性をテーマとしてやってきた。その意味で言えば、このメンバー選考も一貫性の一つの現れだと思うので、喜ばしいことだ」と語った。

J SPORTS オンデマンド番組

トップリーグのクボタでもプレー経験のあるNO8(ナンバーエイト)ドウェイン・フェルミューレンは、この試合で節目の50キャップ目となり、またLO(ロック)のエベン・エツベスは80キャップ目となる。

HO(フッカー)にはマルコム・マークス、ハーフ団はSH(スクラムハーフ)フランソワ・デクラークとSO(スタンドオフ)ハンドレ・ポラード

バックスリーには、WTB(ウィング)には、日本代表戦で合わせて5トライを決めたマカゾレ・マピンピ、チェスリン・コルビ、FB(フルバック)はウィリー・ルルーと力強い布陣が並ぶ。

また、控えにも2011年のワールドカップを経験しているベテランの「ビースト」(怪物)の愛称で知られる、PR(プロップ)テンダイ・ムタワリラ、東芝でもプレーしたCTB(センター)フランソワ・ステインがベンチからチャンスを伺う。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ