人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年9月5日

南アフリカ「スプリングボクス」のキャプテン、日本へのリベンジを誓う

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

写真:南アフリカ黒人初のキャプテンとなったFLコリシ

9月5日、翌日のラグビー日本代表戦(世界ランキング10位)を控えて埼玉・熊谷ラグビー場で「スプリングボクス」こと、南アフリカ代表(世界ランキング5位)がキャプテンズラン(前日練習)を行った。

両チームともに9月20日に開幕するワールドカップ前の最後のテストマッチとなるが、前回のワールドカップのリベンジを果たすため、最強メンバーをそろえた南アフリカ代表。

7月の南半球4か国対抗戦「ザ・ラグビーチャンピオンシップ」で初優勝を飾っており、16-16と「オールブラックス」こと、ニュージーランド代表と引き分けたメンバーから、膝のケガから復帰したキャプテンのFL(フランカー)シヤ・コリシのみ交替した。

前回ワールドカップの日本代表戦に出場していた選手は9人、トップリーグでプレー経験のある選手も同じく9人となった。

「今回のメンバーは日本代表に最上の敬意を示している強いメッセージとなる」。

「もしかしたら、過去には間違った評価をしていたかもしれないが、日本代表に対して同じ過ちを2度としないというメッセージを、日々伝えてやってきた」とラシー・エラスムスHC(ヘッドコーチ)。

前日練習ではFLコリシがメディアに対応し、まず、「あまり感情的になるつもりはないが、過去の出来事を払拭したいという思いはあります」。

「(9人が)その記憶を持っています。私たちは自分たちを最もよくわかっている。FW(フォワード)の強さを維持するつもりだ。明日の試合を楽しみにしています」と意気込んだ。

また、日本代表に対する印象は「4年前と全く違う、より強く、より優れたチームになっていると思います。戦術も構築されています。だから新しい挑戦になるでしょう」。

「一方で私たちもまた前とは違うとチームです。どちらのチームにとっても、まったく新しいコーチングスタッフでまた違った新しい試合になるでしょう」と話した。

両者がワールドカップの準々決勝で当たる可能性があることに関しては、、「(日本代表戦は)ワールドカップ初戦をどう迎えるかという意味でも重要です」。

「日本代表はリーチ(マイケル)という素晴らしいキャプテンが率いるチームで、決勝トーナメントに進んでくる可能性は高いと思います。私はリーチをよく知っており、選手として彼を大いに尊敬しています」とコメントした。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ