人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年9月3日

日本と対戦するサモアが代表スコッド31名を発表。ラグビーワールドカップ

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

写真:日本でのプレー経験も長いSOピシがチームの中軸

9月1日(日)、2019年ラグビーワールドカップに出場し日本代表と同じプールAに入ったサモア代表は、ワールドカップ出場する最終スコッド31名の選手を発表した。

キャプテンのFL(フランカー)ジャック・ラムを筆頭に、サントリーやサンウルブズでも活躍した、3大会目の出場となるベテランSO(スタンドオフ)トゥシ・ピシ(豊田自動織機)。

リコーでプレーした7人制ラグビーでオールブラックス経験ものWTB(ウィング)/FB(フルバック)ティム・ナナイ ウィリアムズら前回大会の経験者8人が選出された。

一方でPR(プロップ)マイケル・アラアラトア、SH(スクラムハーフ)のスコット・マルーアはノンキャップながらも選ばれた。

スーパーラグビーのチャンピオンチームであるクルセイダーズでプレーするアラアラトアの、父ヴィリも元サモア代表。1991年の初出場でベスト8進出を果たした時の選手だ。弟のアランはオーストラリア代表として、今大会にも出場する。

アラアラトアは、8月31日に行われたニュージーランド・ハートランド15(NZ代表に準じる代表)との試合で、2トライを挙げアピールし36-19と勝利に貢献した。

スティーブ・ジャクソンHC(ヘッドコーチ)は、「彼は優れた選手であり、私たちは彼がどうしても必要だった。クルセイダーズでの経験で、勝利というものを知っている。チームにいる他の選手やチームにいる他のPRに何か違うものをもたらしてくれるだろう」と述べた。

また、「我々はワールドカップに戦うのに必要な大きな(FWの)パックを持っているが、現代のラグビーでは前にボールを供給するために、セットピースで勝つことが必要だ。

また、速いゲームをしたいので、それができる選手たちが揃った。そして重要なのは非常に優れた意思決定者を持つことで、私たちにはピシがいる」と続けた。

残念ながら、宗像サニックスやサンウルブズでプレーしたWTBのJJタウランギ、2018-19シーズンのセブンズワールドラグビー活躍したWTBジョニー・ヴァイリは外れた。

サモア代表は来週末、シドニーで行われる最後の強化試合でオーストラリア代表と対戦する。もしかしたら、この試合で、ワールドカップ前に、アラアラトア兄弟が直接顔を合わせるかもしれない。

◆ワールドカップ プールAスケジュール
9月24日(火) vs.ロシア代表(埼玉・熊谷ラグビー場)
9月30日(月) vs.スコットランド代表(兵庫県・神戸市御崎公園球技場)
10月5日(土) vs.日本代表(愛知・豊田スタジアム)
10月12日(土) vs.アイルランド代表(福岡・東平尾公園博多の森球技場)

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ