人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー コラム 2019年8月31日

菅平の集中開催で開幕!明治と早稲田が白星発進。ラグビー関東大学対抗戦&リーグ戦

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

写真:トライを挙げる早稲田WTB桑山

8月31日(土)『令和最初』の関東大学ラグビーが長野・菅平高原で開幕戦を迎えた。

9月20日にオープニングマッチを迎えるラグビーワールドカップの影響で、史上初めて菅平高原のサニアパークでのセントラル開催となり、関東大学対抗戦2試合、関東大学リーグ戦2試合の計4試合が行われた。

対抗戦は昨年度の優勝校の1つ、早稲田大学が先制点こそ許したが、日本体育大学に68-10で快勝。昨年度の大学選手権王者の明治大学は、筑波大学に一時7点差に迫られたが、地力の差を見せて59-33で勝利した。

リーグ戦は格上の流通経済大学が接戦を制して拓殖大学を31-19で下した。また、昨年度の王者・東海大学が16トライの猛攻を見せて、中央大学に100-21で勝利した。

今年の関東大学ラグビーの開幕戦は早稲田大vs.日本体育大だった。早稲田大有利と思われたが、前半2分、ターンオーバーから日本体育大のWTB(ウイング)沢村舜(3年)にトライを許して、0-7と先制される。

しかし、モールやスクラムなどで上回っていた早稲田大は、前半11分、WTB桑山淳生(4年)のトライを皮切り、徐々にペースを握り、SO(スタンドオフ)岸岡智樹(4年)の2トライなど、5トライを挙げて35-10で前半を折り返す。

後半は早稲田大のペースが続き、さらに5トライを重ねて、早稲田大が68-10で開幕戦を白星で飾った。

写真:MOMは早稲田の主将SH齋藤

点数を見れば快勝だった早稲田大だが、この試合のMOM(マンオブザマッチ)のキャプテンSH(スクラムハーフ)齋藤直人(4年)は「試合の入りが課題。結果として多くの点数が取れたが、(相手に)取られた10点を突き詰めて、次の青山学院大学戦に臨みたい」と気を引き締めていた。

  • Line

関連タグ

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ