人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年8月29日

日本代表、ラグビーワールドカップ最終登録メンバーを発表。

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

9月20日に開幕するラグビーのワールドカップ日本大会に向けたラグビー日本代表31名が、8月29日に発表された。

キャプテンは前回大会に続きFL(フランカー)リーチ マイケルが務める。LO(ロック)トンプソン ルークは4大会目の出場に、リーチ以外にHO(フッカー)堀江翔太、SH(スクラムハーフ)田中史朗は3大会目の出場となった。

PR(プロップ)稲垣啓太、SO(スタンドオフ)田村優ら6人は前回に引き続いての選手となった。若手PR木津悠輔、ノンキャップのHO北出卓也ら21名はワールドカップ初出場となった。

PR山下裕史、LO(ロック)アニセ サムエラ、HO(フッカー)堀越康介らが外れた。ただ、網走合宿に参加していた残りの10名らはバックアップメンバーの位置づけだという。

報道陣200人、テレビカメラ20台と注目が集まる中、日本代表を率いるジェイミー・ジョセフHC(ヘッドコーチ)はまず「3年前の就任もここで会見した。名誉なことです」。

「育成の加速などが求めたがスーパーラグビー、ティア1との対戦で心身ともに選手はワールドカップで戦える力がついた」。

「日本代表でプレーしている選手は、ラグビーに対して純粋で、ジャージーに対する誇りが、大きな力になる。そうした思いを持つ(10名の)選手を外すのは、とてもつらい作業だった」と話した。

選手の選考基準としてジョセフHCは「FW(フォワード)でも、BK(バックス)をカバーできるか、BKでも複数のポジションをカバーできるかを考えながら選考にあたった」。

「これまでの日本はアンストラクチャーになると手こずる部分があったが、そのような状況でしっかりプレー出来る選手を選んだ」と述べた。

またSHを3人選んだ理由に冠しては「(SHなどの)専門職は大会中盤から後半にケガが出て入れ替えるとなると打撃になる。田中は経験値が高く、流と茂野はスーパーラグビーで実力を証明した」と説明した。

いよいよ31名が発表されたラグビー日本代表。8月31日に再集合し、ワールドカップ本番前に、まず、9月6日の南アフリカ代表戦への準備を進める。

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ