人気ランキング

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

メルマガ

お好きなジャンルのコラムや
ニュース、番組情報をお届け!

メルマガ一覧へ

コラム&ブログ一覧

ラグビー ニュース 2019年8月23日

オーストラリア代表「ワラビーズ」、代表スコッド31名を発表。ラグビーワールドカップ

ラグビーニュース by 斉藤 健仁
  • Line

前回大会準優勝の「ワラビーズ」こと、オーストラリア代表は、8月23日、約1ヶ月後に迫ったラグビーワールドカップ日本大会に向けたスコッド31名を発表した。

FL(フランカー)マイケル・フーパーがキャプテン、大会後、サントリーでプレーするCTB(センター)サム・ケレヴィがバイスキャプテンを務める。チームは、合計1406キャップを数え、前回の2015年大会より200キャップ以上多い。

写真:オーストラリア代表キャプテンを務めるFLフーパー

キャプテンのフーパーにとっては2度目、神戸製鋼で2シーズンプレーしたCTBアダム・アシュリー クーパーは元オーストラリア代表SH(スクラムハーフ)ジョージ・グレーガンに次いで、ワラビーズとしては史上2人目となる4大会出場となる。

これまでワールドカップで17試合に出場しているアシュリー クーパーは、あと5試合で元オールブラックスのFLリッチー・マコウ、元イングランド代表HO(フッカー)ジェイソン・レオナードと並ぶ最多出場試合数となる。

CTBケレヴィ以外にも、大会後に日本でプレーするFLデーヴィッド・ポーコック、SH(スクラムハーフ)ウィル・ゲニア、SO(スタンドオフ)バーナード・フォーリ、SOクリスチャン・レアリーファノが選出された。

また、18名の選手が初めてのワールドカップ出場となり、19歳のジョーダン・ペタイアが、ノンキャップながらスコッド入りを果たした。

J SPORTS 番組情報

マイケル・チェイカHC(ヘッドコーチ)は、「まずは今シーズン、ザ・ラグビーチャンピオンシップとブレディスローカップに貢献してくれた選手すべてに感謝したい。この中から31人を選ぶのは大変難しいことだった。

毎週毎試合ハードワークしてきて、誇りを持ち、全てのプレイヤーが結果に貢献できるようなオーストラリアのラグビーをプレーしてきた」。

「ワールドカップでは、チーム内での強いポジション争いを維持するとともに、大会で戦えるチームを作ることが重要だ」と述べた。

ワラビーズはニューカレドニアで10日間のキャンプを行い、その後シドニーに戻って9月7日にサモア代表とテストマッチを行う。

ワールドカップでは9月21日に札幌でフィジー代表と初戦、29日に東京でウェールズ代表と対戦するが、この2戦目はオーストラリア代表にとってワールドカップでの50試合目となり、ニュージーランドに次いで2カ国目となる。

◆ワールドカップ プールDスケジュール
9月21日(土)vs.フィジー代表(北海道・札幌ドーム)
9月29日(日)vs.オーストラリア代表(東京・東京スタジアム)
10月5日(土)vs.ウルグアイ代表(大分・大分ポーツ公園総合競技場)
10月11日(金)vs.ジョージア代表(静岡・小笠山総合運動公園エコパスタジアム)

  • Line

あわせて読みたい

J SPORTS IDを登録すれば、
すべての記事が読み放題

J SPORTS IDの登録(無料)はこちら

ジャンル一覧

J SPORTSで
ラグビーを応援しよう!

ラグビーの放送・配信ページへ